アラン使道伝16話あらすじ予告とアラン使道伝15話あらすじ

アラン使道伝16話あらすじ予告とアラン使道伝15話あらすじ

アラン使道伝16話あらすじ予告テキスト;探してみるよ。どんなに探し続けて来た母なのか・・・

アラン使道伝16話あらすじ予告

アラン使道伝16話あらすじ予告

ウノは森の中の一角でチムモ(イソリムの家の家事を賄っていたおばさん)の遺体を見つけ、チムモが死ぬ直前に隠したゴドルのホペ(現在の身分証明書)を持って、チェデカム(大監)に会いに行く。
一方、アランは自分の死に関連したことが一つずつ思い浮かび始めて、ジュワルもまた、自分の記憶を思い出させて紅蓮(ホンリョン)を訪ねて行く。

アラン使道伝15話あらすじ、イジュンギが母が妖怪になった理由を明らかにできるか?

ウノ(イジュンギ)が母ソさん夫人(カンムンヨン)の過去の行跡を暴き始める。
10月3日に放送された、MBCアラン使道伝15話では、ウノがソさん夫人の姿をした妖怪紅蓮(ホンリョン)とあう場面が繰り広げられた。
ウノは“君があの女の息子だね”という紅蓮(ホンリョン)の言葉に続き、死神ムヨン(ハンジョンス)から紅蓮がソさんの姿をしているが、自分の母親ではない話を聞いて驚愕した。
続いて、アラン(シンミナ)の死の真実を追求する過程で、自分の母親がアランの死と直接関連しているかもしれないという衝撃的な事実を知ったウノは、取り留めることができない混乱に陥った。

アラン使道伝15話あらすじ

アラン使道伝15話あらすじ

それに、ウノはアランを天上へ行かせると約束したことを思い出しながら、約束も守り、母も救い出す方法を見つけるために孤軍奮闘した。
そして、10月4日の夜に放送されるアラン使道伝16話では、母親の体の中に他人の魂が入っていることを悟ったはウノは、3年前の自分の母ソさん夫人の行跡を追う場面が描かれる予定だ。
すでに放送ではジュワル(ヨヌジン)の荷受人キムソバン(ソンジェリョン)を介してソさん婦人がチェデガム(キムヨンゴン)を毒殺しようとしたという事実が明らかになった。
その後、いったい、どうやってソさん婦人が妖怪紅蓮(ホンリョン)になったのか、何が起こったのかに対する視聴者たちの関心が集中している。

アラン使道伝16話あらすじ  イジュンギ

アラン使道伝16話あらすじ イジュンギ

一方、アラン使道伝15話の放送末尾には、アラン(シンミナ)がイソリムの記憶を思い出す姿を見せた。
そしてアラン使道伝16話予告篇では、イソリムを殺した人がジュワルだったという事実が明かされて視聴者たちの耳目を引くこともした。
イジュンギカンムンヨンの正体を知った。
10月3日放送されたMBC水木韓国ドラマ、アラン使道伝でウノ(イジュンギ)が、自分の母親だと思った紅蓮(カンムンヨン)が事実上の母ソさんの体を着た妖怪であることを知って実態を把握するための調査に乗り出した。
アラン使道伝15話の放送では、ウノはチェデカムの祠堂を再訪ねて紅蓮を探すが、紅蓮は跡形もなく祠堂の主人であるチェデカムと会う。
ウノはチェデカムに紅蓮の居場所を追及したが、チェデカムは厚かましい顔でとぼけで一貫した。
ウノは、バンウル(ファンボラ)を訪ねて結界を打つほどの能力を持った者であれば、他の人の体にも入ることができるか、それなら元持ち主である母の魂どうなるかを尋ねた。
バンウルは、これに、“死んでないが、体が魂の中に閉じ込められている場合は死んだことに近い。”と言い、“生きても生きてないし、死んでも死んでない存在”と説明し、ウノを拾然自失させた。
アラン使道伝のシンミナの死ぬ前の記憶が戻ってきはじめた。
アラン(イソリム)と結婚を約束していた、婚約者、ヨヌジンがキラーであることが明らかになって衝撃を加えた。
10月3日放送されたMBC水木韓国ドラマ、アラン使道伝(脚本:チョンユンジョン/演出:キムサンホ)15話では、アラン(シンミナ)が死ぬ前の記憶を取り戻した。
アランはキムウノ(イジュンギ)が持って歩く扇子を不思議に思っている途中、自然にかんざしの正体も疑った。
かんざしを持っていたアランはすぐにかんざしと絡んだ死ぬ前の記憶を思い出させた。
アランはかんざしをしたキムウノの母親(カンムンヨン)とチェジュワル(ヨヌジン)の姿を目撃した。
記憶の中、アランは満月を見ながらチェジュワルと初めてすれ違った橋に向けて行こうとしたが、チェジュワルと一緒に行くソさんの姿を目撃したこと。

アラン使道伝15話あらすじ  シンミナ

アラン使道伝15話あらすじ シンミナ

 

アランは“かんざしをした女性が使道の母親だ。なぜ使道の母親がジュワル道令(ドリョン)と一緒に行くの?”と疑問を抱いた。
アランは記憶を戻すために、橋の上へ向かい、その時、チェジュワルと会った。
アランから月下日記を受けてイソリムの真心を知ったチェジュワルは、“この心を受ける資格がない”とアランに日記を返した。
また、チェジュワルはイソリムの死さえ、気にならなかったことに対して罪悪感を表わし、アランは、“偶然、一緒に歩くことのある”とチェジュワルに対する疑問を解いた。
しかし、すぐにアランは自分がチェジュワルと一緒にいるソさんに近付いて“行かないでください”と言いながらかんざしを抜く場面まで記憶し出した。
アランはチェジュワルについて行こうとするソさんを止めようとしたこと。
アランが自分の記憶に戸惑う中、続いたアラン使道伝16話予告編では、紅蓮に、“もしかして、イソリムというナンジャ(女性を言う古語)も私が殺したのか?”と問うチェジュワルの姿が描かれた。
紅蓮はチェジュワルが閏月半月澄んだ霊を捧げるたびに、彼の恐ろしい犯行の記憶を消してきたことを明らかにしてチェジュワルがイソリムを殺したことを認め、展開に興味を集めた。
一部のネチズンは、イソリムを殺したのはチェデカムだという反転を残しているという意見もあるし、アランの霊魂が奪われなかったのはかんざし(母心簪)を手に持っていたからだという意見もある。
アラン使道伝16話は10月4日夜9時55分に放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ