きれいな男チャングンソク主演ドラマは?きれいな男あらすじ原作紹介!

 きれいな男チャングンソク主演ドラマは?きれいな男あらすじ原作紹介!
きれいな男チョンゲヨンのオンライン連載作チャングンソク韓国ドラマ主演確定!

韓国ドラマきれいな男出演を確定した俳優チャン·グンソクが同名の漫画を原作にした韓国ドラマきれいな男の主人公にキャスティングされた。
KBS2韓国ドラマラブレイン以後1年ぶりだ。
漫画家チョンゲヨン(43)の同名漫画を原作にしたきれいな男は、世界で最も美しい男トッコ·マテが失われた家族と本当の愛を見つけるために韓国上位1%の女性十人を征服していく物語だ。
チャン·グンソクは、優れた美貌を利用してお金と出世を得ようとする野望を持った悪い男トッコ·マテ役を引き受けた。

きれいな男チャングンソク主演ドラマは?きれいな男あらすじ原作紹介!

韓国映画コリア、パパロチ、7番の部屋のギフトを執筆した脚本家ユ·ヨンアが脚本、宮 -Love in Palace-(くん・ラブインパレス、궁) 、花より男子、タムナ 〜Love the Island〜(タムナ、ハングル:탐나는도다、原題:耽羅(タムナ)は島だ)を作ったグループエイトが製作に参加する。
グループエイト側は18日、“きれいな男を企画するとき、最初からチャン·グンソクを主人公に決めていた”とし、“チャン·グンソクと一緒にキャラクターと作品全般に対する話をたくさん交わして作品の完成度を高めるために努力している。デビュー21年目の俳優チャン·グンソクは、今回の役を通じて巧妙な演技力をお目見えする予定だ。”と伝えた。
続いて、“すでにアジアをはじめヨーロッパ、南米からの問い合わせが殺到しているほどの期待感が高い作品である。ストーリーがしっかりしている原作を土台にしただけに完成度の高い作品をお目見えする予定だ。”と覚悟を明らかにした。
チャン·グンソクが出演するきれいな男は、2013年下半期に放送を控えている。
(チャン·グンソクきれいな男、写真=ツリージェイカンパニー)

天才作家チョンゲヨンのオンライン連載作キレイな男!
世界で最も綺麗な男、トッコ·マテ。
自分の美貌を利用して、お金と出世を手に入れたい野望の男。
そんな彼に、元財閥家の嫁ホンニャニャが師匠になってくれる。

きれいな男チョンゲヨンのオンライン連載作チャングンソク韓国ドラマ主演確定

真の成功のために合計十人の女性を誘惑しろというミッションを下すが・・・
一段階、一段階、より高い段数の女性を誘惑してこそ、自分が本当に欲しいものを得ることができるマテ。
そんな中、割り込んできた奇妙な障害物一つ。
きれいな男が大好きだが、成功とは距離が遠い貧しいヒロイン、キム·ボトン。
マテの小間使いになっても彼についていたいと思う低い自尊心の彼女は果たして、成功女だけに魅力を感じるトッコ·マテの心を捕らえることができるか?
女性たちが成功する時代。
この男が女性を誘惑する方法。
そして、そのような男をひどく片思いするこの女性の愛の方法。
果たして最後の勝者は?

チャングンソク主演ドラマきれいな男?きれいな男あらすじを原作で先に読む?
原作きれいな男あらすじ紹介!

自分の外見を利用して女性を誘ってお金を得て、出世をしようとする野望のキャラクター、トッコ·マテ。
トッコ·マテは、母と、恵まれない環境で生きてきたが、実際には大企業MSGの会長バンミョンスの庶子である。
庶子だと言う理由で、母親と自分を傍観すると思っていたトッコ・マテは一度も会えなかった父が憎い。

天才作家チョンゲヨンのオンライン連載作キレイな男

トッコ·マテは成功への欲望が格別だったし、恨めしい父のために、常に社会の最上位層に上りたがる。
そんな彼の前に、元MSG財閥家の嫁ホンニャニャが現れ、合計10人の女性を征服しろというミッションを下し、すべてのミッションを成功すると、MSGを手に入れるように助けると宣言する。
単に、女性を誘惑するミッションだと知っていたが、一段階、一段階、ホンニャニャが指摘した女性を会うたびに、トッコ·マテは人生の教訓などを得るようになり少しずつ変わり始めている。

原作きれいな男登場人物紹介!
きれいな男キャストは主演を演じるトッコ・マテ役のチャングンソクだけが確定して、他のきれいな男キャストは未定である。
ここでは、きれいな男キャストの紹介ではなく、原作きれいな男に登場する人物を紹介して、個人的に仮想キャストを考えてみる。

きれいな男キャスト チャン・グンソク トッコ·マテ役

きれいな男キャスト チャン・グンソク トッコ·マテ役

ハンサムで、またハンサムだ。
道を通るだけで女性が多眺めるほど非常にきれいな男だ。
自信感、自尊心すべてが高く、悪く言えば生意気だ。
そのため、ホンニャニャを会う前から自分の金蔵だった不動産財閥女‘ジェキ’にいつも金銭的支援を受けながらも屈せず、堂々として生意気になった。
そんな彼が、10人の女性に出会いながら、人生の教訓を得て少しずつ変わり始める。
その上、関心もなかった完全平凡な女キムボトンに少しずつ揺れ始める。

きれいな男登場人物 キムボトン

きれいな男登場人物 キムボトン

カルビ家の娘。
完全に平凡な女。
ハンサムな男がものすごく好き。
子供の頃、自分の町に引っ越してきたトッコ·マテを見て惚れた。
トッコ·マテのためなら水火仕分けしなくて、カルビも持っていてあげて、雑用も果たす。
また、トッコ·マテが10人の女性を征服するミッションを開始してから最後まで、理由を聞かず熱烈に応援して助ける。

きれいな男登場人物  ホンニャニャ 

きれいな男登場人物  ホンニャニャ 

MSGバンミョンス会長の息子、バンムンスの妻である。
しかし、バンムンスの母、即ち、義母の厄介に負けて赤ちゃんを産んで追い出されてしまう。
夫を愛した理由もあるが、ホンニャニャも出世に対する欲望が強い。
追い出された屈辱感を隠して、以前の名誉と地位を得ようとトッコ·マテを利用してMSGを飲み込もうとする。

きれいな男登場人物 チェダビド

きれいな男登場人物 チェダビド

大手ショッピング従業員。
しかし、トッコ·マテが10人の女性を征服するミッション中、最初のミッションをしながらお互いに絡まったが、後ほどトッコ·マテが設立するボトン会社へ就職する。
家や車はすべて古いが、実際には膨大な株式金持ちだ。
キムボトンを見ると心配になって、世話してあげたくなる心が大きかったが、ますますそれが愛であることを知る。

きれいな男登場人物 一番目の女性 ジェキ

きれいな男登場人物 一番目の女性 ジェキ

不動産財閥。
持っているもの、お金しかない女性。
トッコ·マテの征服ミッションが始まる前から、トッコ·マテの美貌に惚れた状態。
マテのためなら何でもできるが、マテよりも、お金を愛するためマテと別れる。
マテに、お金に対する概念を教えた。

きれいな男登場人物 二番目の女性 イレクソンニョ

きれいな男登場人物 二番目の女性 イレクソンニョ

最上流層女性向けに占いを見ている。
信じられないほど強く見えるが、実は、エレクソンニョも女性であるだけ。
マテを見て揺れ始める。
マテに人の心を読む能力を教える。

きれいな男登場人物 三番目の女性 キムキムインジュン 

きれいな男登場人物 三番目の女性 キムキムインジュン 

膨大な人脈を誇る女性。
マテに様々な方法で、自分の人脈を広げる方法を教える。

きれいな男登場人物 四番目の女性  ミョミ

きれいな男登場人物 四番目の女性  ミョミ

よく売れてる国内最高のスター。
ミョミが着て、履く全てが流行になる。
マテと出会い何か悟った後に、授賞式で隠していた娘がいることを明らかにする。
最後に、マテのために歯を食いしばって背を向けるキャラクター。
天下のトッコ·マテも惚れた。
マテに大衆が望むものの創造法について教える。

きれいな男登場人物 五番目の女性 カングィジ

きれいな男登場人物 五番目の女性 カングィジ

国内最高財閥グループの会長の娘。
性格が非常に生意気で、利己的で、自分が欲しいものは手に入れないといけない。
最初はミョミを尊敬してミョミが行う行動を真似したが、人々はそのようなグィジを指差している。
それ以来、グィジはミョミのアンチファンになる。
グィジはミョミのすべてを奪ったい。
ミョミとマテのスキャンダルが起こった時、たまたまインターネットでマテを見て、マテを自分のものにしたいと思う。
最初は世間知らずなキャラクターで出てくるが、マテに出会ってから少しずつ変わって行く。
生まれつきの経営力でマテに助けを与えたりする。

きれいな男登場人物 六番目の女性 イギム

きれいな男登場人物 六番目の女性 イギム

自ら金儲けして自分の学校の授業料、弟の学費まで出して大学を首席で卒業した女性初の大剣中央捜査部長。
善良な性格と竹を割ったような捜査力で、財閥型不正事件をずっと務めてきた。
だから、ニックネームが財閥キラー。
驚異的な賄賂にも絶対に揺れない正義と平等の象徴!
マテに‘正義であること’を教える。

きれいな男登場人物 七番目の女性 ヨミム

きれいな男登場人物 七番目の女性 ヨミム

情報パパラッチ。
男性嫌悪症。
企業と政府を相手に彼らの不正情報をおどりにして脅迫し、巨額の金をもらう。
表面上は、悪辣で強く見えるが、悲しい過去を持っている。
実の親に捨てられ養子縁組されたもの。
生みの親を見つけたが、訪ねて行くのを迷っていた瞬間に、マテの助けを借りて母に会う。
他の金持ちで偉そうな人々とは明らかにも、異なるマテを見て揺れ始める。
マテに‘情報’に対する概念を教える。

チャングンソク側‘きれいな男’出演確定!キャラクターに惚れた?

チャングンソク側きれいな男出演確定!キャラクターに惚れた?

俳優チャン·グンソクがきれいな男でお茶の間へカムバックする。
チャン·グンソクの所属事務所ツリージェイカンパニー側は6月18日午前、“チャン·グンソクがきれいな男を通じて、ラブレインを終えた後、1年ぶりにお茶の間へ帰って来ることになった。”と明らかにした。
きれいな男(脚本:ユ·ヨンア)を選んだ理由として、“多くの作品が入って来たが、いくつかの作品を見ているうちに、きれいな男原作の漫画を見てこれだと思った。”と明らかにした。
チャン·グンソクが演じる主人公トッコ·マテに対して、“欲が出るキャラクターだ。”とし、“顔だけを信じて生きる男で、十人の女性に出会いながら、女性が持っているものを自分のものにしながら、愛と仕事を達成していく物語だ。”と説明した。
チャン·グンソクの復帰作きれいな男はチョンゲヨン作家の同名漫画を原作に、韓国映画7番の部屋のギフトを執筆したユ·ヨンア作家が脚本を引き受けた。
韓国ドラマきれいな男はキャスティングを終えた後、2013年下半期放送予定である。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ