two weeks キャストと韓国ドラマ two weeks 登場人物関係図あり

two weeks キャストと韓国ドラマ two weeks 登場人物関係図あり
two weeks キャストと登場人物関係図!Two weeks イジュンギ主演ドラマ

two weeks 人物関係図

two weeks 人物関係図 イジュンギ周辺人物編

two weeks 人物関係図 イジュンギ周辺人物編

 

two weeks 人物関係図 イジュンギと事件関係の周辺人物編

two weeks 人物関係図 イジュンギと事件関係の周辺人物編

two weeks キャストイジュンギ ジャンテサン役

ジャン・テサン 32歳 男

two weeks キャスト イジュンギ ジャンテサン役

two weeks キャスト イジュンギ ジャンテサン役

永登浦路地裏質屋‘ダバダ’の支配人であり、‘ムンイルソク’組織の組織員。
しかし、肩書きが支配人であり、組織員だけであって、実際には、質屋の経営権を持っている後輩の下で質屋の仕事を手伝っているいそうろう(居候)の立場。
一言で言えば情けない3類チンピラだ。
外貌には命をかけながらゆらゆらと図太い虫の良いふりをして生きているが、心の中は暖かく、情が深く、笑いも涙も多い性格だ。
8年前、愛していたイネと別れてから、生きる意味も手放した。
釜山で父の顔も知らずに母と二人きりで生きていたが、ある日、動脈を切った母親の自殺現場を八歳の誕生日プレゼントとして受け取った。
父は生まれる前に彼を捨てて、母は自殺で彼を捨てた。
その絶望と孤独と怒りを保育園から喧嘩で表わせて、自然に組織員となり、イネに出会ってイネの愛で凍りついた心が溶けていたが・・・

自分の暴力罪の代わりに刑務所へ行かないとイネまで殺すと言うムンイルソクの命令のため、きつくて根気強くイネを取り外し、彼女を産婦人科手術室に押し込んだ。
イネの幸せのためであり、お腹の中の赤ちゃんはイネの重荷になると思った。
彼は母親の重荷だったように。
そうすれば・・・
イネは自分が嫌になって予定どおりに両親と移住をして、いつかは幸せになるだろうと信じていた。
8年ぶりにイネがやってきて、骨髄検査をお願いする。

その時、手術を受けなかったし、一人で産んで育てた娘が白血病という途方もない話をする。
私がその子供のお父さんだそうだ。
子供がいるなんて・・・
宇宙合してぽつんと自分一人だと思ったが、娘がいるんだって。
8年前に私はその子に死ねと手術室に押し込んだが・・・
その際はイネのために生き残ったが、今は白血病で命が危うい状況だそうだ。
しかし、驚くことにも私の骨髄が子供と合って子供を助けることが出来るそうだ。

罪悪感と共に熱い感動が押し寄せてくる。
今回は負債を返すかのように、私がその子を助ける事が出来た。
奇跡のような結果に喜んで手術の日を取るが・・・
思いがけずオ・ミスクの殺害犯として逮捕される。
濡れ衣だと抗弁したが、指紋検査からアリバイまですべてが彼を犯人だと指している。
殺人だなんて・・・

衝撃もつかの間、娘の手術が浮かぶ。
そうなら・・・
私はそれを殺すところだった子供たち、しかし、私の娘になって生まれた子供、受診が…
私が一度殺そうとした子供、しかし、私の娘になって生まれてきてくれた子、スジン・・・
その子の手術はどうしよう?

two weeks キャストパクハソン ソイネ役
ソ・イネ 30歳 女

two weeks キャストパクハソン ソイネ役

two weeks キャストパクハソン ソイネ役

テサンのかつての恋人。
明るくてきれいだ。
はつらつで明るかった。
テサン出会った頃には、大学生と暴力団として会ったが、猛烈に愛して熱中だった。
平凡で家族団らんな家の中で影なしに明るく育って、純粋で損得の計算ができず直線的な性格だ。
暗い影に覆われたテサンの純粋さを、彼女特有の純粋さで見通して、心を隠していたテサンの手を迷わずつかみ出し愛を始めた。
世の中にだだ一人、孤独なテサンを迷わず包み愛して、思いがけずスジンを授かると両親の反対を押し切って二人の未来までを計画して約束したが・・・
突然テサンが彼女を捨てた。

お腹の子供と一緒に。
なぜテサンはわずか二日で彼女を残酷に捨てて、どこかに去ってしまったのか理由を知らないまま、家族を離れてソウルに来て、未婚の母の家で一人でスジンを産んで育てた。
テサンに受けた傷のために男を信じていなかったが、その隙を執拗に入り込んできたスンウの長年の真心に心が傾いて、結局、結婚を決心した。
テサンを許すことができなかった彼女、娘スジンにお父さんは死んだと言った。
しかし、スジンの白血病が再発し、どこでもスジンと合う骨髄を見つけることができなくならと、藁をつかむ心情として仕方なくテサンを訪ねるが、この男・・・見た目がひどいと言う言葉ででは言い切れない。
以前の彼とは違って、だめになってみとうもない姿だった。

あいた口が塞がらないが、幸いにもスジンと骨髄が合う。
それで良し!
骨髄を受けてスジンを助ければそれで良いと思った。
ところが、しばらくして殺人犯逃走手配ニュースにテサンが出てくる。
殺人犯?胸が崩れ降りて不安と心配でどうしようもない。
これで・・・私の娘スジンはどうしよう?

two weeks キャストリュスヨン イムスンウ役
イム・スヌ 34歳 男

two weeks キャストリュスヨン イムスンウ役

two weeks キャストリュスヨン イムスンウ役

イネの婚約男。
強力チームの刑事。
警察家系の出身で、犯人検挙率1位の刑事だ。
理知的で、タフである。
自分の判断を絶対的に信じるのが、一方では生意気に見えるほど自信満々だ。
心に決めたことは必ず成し遂げる性格で、負けず嫌いの勝負師。
刑事になりたくて医学部の1年を通っていたが、医学部を止めて再び警察大学に入学した。
当然、所有欲も強い。

犯人を追うときは獲物を追うライオンのように荒く、動物的に動くが、実生活では刑事らしくないようにマナーよく、節度があって愉快だ。
犯罪型の人間が別々にいると信じる。
犯法の道に入った人間は、生まれながらそうだと、だから、テサンを単純殺人犯として信じて疑わない。
一人でスジンを育てて惨めに暮らしていたイネと数回直面しながら、彼女を知った。
可哀想な事情を知って助けて気を配る。
結局、イネを愛するようになった。

長い時間をかけてやっとイネの心をもらい結婚を約束した。
保守的な家の反対が当然あったが、所有欲が強く、したいことは必ずする特有の性質で反対を乗り越えた。
一方では、劣悪な条件の女性を愛で受け入れたと思い胸を張っている。
脱走犯ジャン・テサン事件を割り当てられて喜ぶ。
しばらく雑犯を追うために退屈していたが、久しぶりに追うだけ意味があるの奴、逮捕すべき奴が出てきた!
しかし、あいつが・・・ イネの昔の恋人だそうだ。

ジャン・テサンは殺人犯だ!
恐ろしい嫉妬と勝負欲が判断を曇らせる。
テサンが生きてきた人生を覗いて見るほど驚くほど情けなくて、このような粗末なゴミのような奴をイネが愛したという事実がショックで、娘のように仲良くなったスジンにあんな人間の血が流れているという事実も狂うほど怒りをもたらす。
何よりも・・・ まっすぐに磨いてきた私の人生に汚水が弾く感じだ。
あいつを必ず逮捕してイネと私の人生から永遠に隔離したい。
その時から彼は刑事としてテサンを追わない。

two weeks キャストキムソヨン パクジェキョン役
パク・ジェキョン 27歳 女

two weeks キャストキムソヨン パクジェキョン役

two weeks キャストキムソヨン パクジェキョン役

南部地検刑事1部検事。
法学部卒業と同時に一気に司法試験をパスして、現在の検事を務め、検察庁内では複雑な事件を任せない’バカ’検事として有名だ。
複雑な事件を受けると、無駄である小さなことまで掘り下げ長引くために、彼女には非常に単純なケースだけ配分される。
捜査官ミンスがからかっても、ハン部長が文句を言っても、常に虚々実々とぼけ受けながら進み、‘ホルレンイ(ずんべらぼう)’と呼ばれる。
ヘアスタイル、洋服、話し方、おっちょこちょい習性などすべてが女性性とは距離が遠くて、どのような状況でも興奮することなく、ぼけて逃げるためまったく頭の中に何があるか理解し難いキャラクターとして周りの人たちに照らされる。
そんな彼女の頭の中には・・・
チョ・ソヒとムンイルソクに対する怒りに満ちている。

高3の時、再開発商店街のテナントであった父がムンイルソクの剣に刺されるのを目撃した。
彼女のロールモデルだった元国会議員であり、現職の弁護士であるチョ・ソヒに助けを求めて行ったが、ムンイルソクとチョ・ソヒのコネクションを目撃して失語症にかかるくらい衝撃を受ける。
しかし、それだけでは足りなくて、ジャン・テサンが犯人だとして自首して、ムンイルソクの代わりに刑務所へ行き、ムンイルソクとチョ・ソヒはより大きな事業家、有能な政治家として地位を確立していき父はその衝撃で数年の間で病に横たわって挙句の果てに世の中を去ってしまう。
悔しいし、怒りが沸きあがり、その怒りこそ生きる意味となった。
必ず彼らを逮捕して彼らの醜悪な裏面を一つ一つ表に出してやると決意した。

チョ・ソヒのような法律専門家になりたくて法学部を夢見ていた彼女・・・
ひたすらムンイルソクとチョ・ソヒをつかむために検事になる。
ところが、研修院時代からしつこくムンイルソクとチョ・ソヒを追ってまた追ったが、心証はあるのに明確な証拠をつかむことができなかった。
何の痕跡も残さずに完全にコネクションを継続する二人をつかむために自分と親しくしていたミスクが情報員の役割をすると言うと、危険なことを知りながらもミスクを投入した。
そうだったが・・・ミスクが残酷に殺害される。

いつもムンイルソクの犬のようにムンイルソクの言いなりにするジャン・テサン、またこいつだが。
こいつがムンイルソクとチョ・ソヒのコネクションの証拠が入ったデジカメを持って逃げる。
ジャン・テサンを逮捕してデジカメを取り戻さなければ一生の宿願であったムンイルソクとチョ・ソヒを逮捕する子tが出来ない。
必死にジャン・テサンを追いかけるが・・・

two weeks キャスト キムヘオク,チョミンギ,イチェミ,キムヒョソ

two weeks キャスト キムヘオク,チョミンギ,イチェミ,キムヒョソ

two weeks キャスト キムヘオク チョ・ソヒ役
チョ・ソヒ 

50代半ば 女
釜山出身の与党3選国会議員。
韓国の‘マザーテレサ’と呼ばれる人気の政治家だが、実は暴力団出身ムンイルソクと結託して巨大なお金を取りまとめている貪欲の化身である。
あまりにも緻密な性格だから誰にも何の鞘も取れなかったが。
自分のすべてのことが明かされる証拠をパク·ジェキョンが置いたわなにかかるようになり、生涯最大の危機を迎えることになるが・・・

two weeks キャスト チョミンギ ムンイルソク役
ムン・イルソク 

40代後半 男
釜山の暴力団出身だが、現在は大型事業を運営している。
本性は手酷く残酷である。
自分に気に入らない存在は、芽を切るのではなく、根まで取ってしまうのが彼の方法。
国会議員チョ・ソヒと手を握りながら金と権力の結託が与える相乗効果をぴりっと味会う。
大きな巨事を控えて無視していたテサンに殺人罪の濡れ衣を着せたが、テサンのために一日一日と緊張感に迫られる。

two weeks キャスト イチェミ ソスジン役
ソ・スジン 

8歳 女 
イネとテサンの娘 
白血病再発で骨髄移植だけが最後の希望である。
生まれつき性格が明るく楽天的な母親イネに似て、パパテサンに似ていろいろな種類のスポーツが好きなラブリーな女の子。
子供らしくなく思いが深い面を持つ。
偶然に母親が破って捨てたテサンとの写真を見た。
その写真を持ってどれだけ見てまた見たのか、病院で会ったテサンを一気にパパだと分かる。

キムヒョソ パクジスク役
パク・ジスク 

34歳 女 
スンウの医学部1年生の時の同期であり、現在のスジンの担当主治医。

two weeks キャスト ソンジェリム,チョンホジン,オムヒョソプ,ユンヒソク

two weeks キャスト ソンジェリム,チョンホジン,オムヒョソプ,ユンヒソク

ソンジェリム キム先生

年齢 年齢未詳  男
ムンイルソクの隠された切り札キラーで誰もキラーとして見ないほど大人しいためニックネームは先生である。
表面上の職業は、写真作家で包装して行動半径を自由に作っておいた状態。
彼がいつからどのようにムンイルソクと連関されていたのかは誰も知らないし、ムンイルソクが引き受けた養子くらいだと思っている。
無表情・無感情のサイボーグのような冷たい人格を持ってテサンを殺すために追いかける。

チョンホジン  ハンチグク役
ハン・チグク

50代前半 男
前チョンゲ派のボス。
かつて江北を支配した巨大組織のボスであった。
5年前ムンイルソク側の攻撃に敗北し、組織が瓦解したし、怪我をした体でテサンと遭遇して死ぬ間際でテサンの迷いでなんとか命は助かった。
ムンイルソクとは20年以上前から悪縁で絡まった人物。
現在は漢灘江(ハンタン江)近くで雑用や薬草栽培などをして隠遁者として生きている。

オムヒョソプ  ハンジョンウ役
ハン・ジョンウ

40代後半 男
南部地検刑事1部部長検事。
ジェキョンの直属の上司。
まるで昔の不動産屋のおじさんのように気さくでいつも気分良く笑い、なかなか怒らないため、一見底抜けの善人に見える。
しかし、被疑者らには死神であり、検察庁内では竹を意味する‘竹部長(デブジャン)’と呼ばれるほど外柔内剛である。

ユンヒソク  ドサンフン役
ド・サンフン

37歳 男
パク·ジェキョン検事室の捜査官。独身男。
法学部出身で、大学の時から検事の夢を育てたいたが、6回司法試験に落ちて限界を認め、捜査官に志願した。
司法試験の勉強をしていた時、同じ高試院でジェキョンと楽な仲だったが、黙々と足長おじさんのようにジェキョンのそばを守る。
高試生の時からジェキョンが好きだったが、決して心を表現しない。

two weeks キャスト ヨイジュ,チョンインギ,ペクスンフン,アンヨンジュン

two weeks キャスト ヨイジュ,チョンインギ,ペクスンフン,アンヨンジュン

ヨイジュ キムミンス役
キム・ミンス

27歳 男
パク・ジェキョン検事室の捜査官
気さくでいつも愉快で明るい。
仕事もアバウトだからジェキョンとサンフンの小言を一日も聞かない日がない。

チョンインギ  ヤンテクナム役
ヤン・テクナム

40代後半 男
警察署強力1チームチーム長。
強力チームでスタートし、ずっと強力チームに身を置いてきたので強力通と呼ばれる。
多血質で気が短いが、情が深くて暖かい。
刑事生活の初期に経験したシンチャンウォン脱走事件の際に懲戒処分を受けた悪夢のため、ジャン・テサンの脱走に敏感に反応する。

ペクスンフン  キムサンホ役
キム・サンホ

35歳 男
イムスンウより1歳年上だが、実績は落ちる。
嫌な仕事は後輩たちにさせる典型的な先輩タイプ。

アンヨンジュン  チンイルト役
チン・イルト

20代後半 男
刑事になったばかりで肩に力がいっぱい入った硬い状態。
純粋で生真面目なため刑事仕事と関連しては先輩が小豆で麹を作るといっても真に受ける。
刑事になった理由はただ一つ、かっこよく見えたからだ。
犯人検挙率1位の伝説的なイム・スンウ先輩のパートナーとなったのが嬉しくてスンウが求めるのなら何でもする。

two weeks キャスト イムセミ,アンセハ,キムボッレ,ペジギ

two weeks キャスト イムセミ,アンセハ,キムボッレ,ペジギ

イムセミ  オミスク役
オ・ミスク

20代半ば 女。
ルームサロン従業員。
ジェキョンの情報員。
ムンイルソクの内縁の妻の一人。
孤児として育って早くも飲み屋に転がって入って薬中毒、ほとんど廃人レベルにあったときに会ったジェキョンの助けを借りて薬から抜け出した。
ジェキョンを恩人と思い、彼女のためにスパイとして潜入したが殺される。
偶然出会ったテサンが好きで質屋を出入りする。
だから、テサンにムンイルソクの隠された内縁の妻という事実を隠す。

アンセハ  コマンソク役
コ・マンソク

20代後半 男。テサンと一緒に住んでいる児童養護施設の後輩。
カーセンターの従業員として誠実に生きている。
孤児院時代には、テサンをあえて真っ直ぐに見ることすらできない怖い先輩だったテサンと一緒に暮らして、テサンの性格を把握してからは妻のようにしつこく小言を言う情深い友人。

キムボッレ  イムヒョンジン役
イム・ヒョンジン

30代前半 男
ムンイルソクの右腕であり、ソンシルキャピタル企画室長。
頭が鋭敏で非常に速い。
元顧問弁護士としてムンイルソクと縁を結んだが発展、今はムンイルソク事業のブレーンの役割をする。
ファンデジュンと共に、ムンイルソクとチョソヒのコネクション全般を知っている人物。

パクジュヒョン  ファンデジュン役
ファン・デジュン

30代後半 男
ムンイルソクの左腕。
釜山時代からムンイルソクと共にした行動隊長出身。
学歴もなくお金もない自分を引き受けてくれてホテル社長までさせてくれたムンイルソクを天のように持ち上げる。
無知で荒い。

ペジギ  チョデリョン役
チョ・デリョン

20代後半 男
質屋の経営権を持つデヤン派の下部組織員。
ムンイルソク側が言うようにテサンをオミスク殺害現場に誘引して送る。

two weeks キャスト キムヨンチュン,パクハナ,ヒョンナム

two weeks キャスト キムヨンチュン,パクハナ,ヒョンナム

キムヨンチュン  チャンソッドゥ役
チャン・ソッドゥ

20代半ば 男
質屋の仕事を見る末っ子。
デリョンのチンピラ。

パクハナ  チャンヨンジャ役
チャン・ヨンジャ

20代前半 女
コマンソクの恋人。
化粧品店の従業員。

カンハヌル  キムソンジュン役
キム・ソンジュン

21歳 男
チョ・ソヒの自閉症息子
現在、米国で障害者団体で生活することでのみ知られているが、誰も実際に彼がどこにいるか知らない。

ヒョンナム ソヨン役
ソヨン

ジェキョンのオフィスで仕事をしている。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ