Two weeksのソ·ヒョンギョンvs主君の太陽のホン姉妹、視聴率の勝者は?

Two weeksのソ·ヒョンギョンvs主君の太陽のホン姉妹、視聴率の勝者は?

スター作家たちが水・木ドラマの対決を繰り広げる。
8月7日MBC新しい水木韓国ドラマ‘Two weeks’とSBS新しい水木韓国ドラマ‘主君の太陽’が並んで初放送される。
二つのドラマはイ·ジュンギとキム·ソヨン、ソ·ジソブとコン·ヒョジンなどそうそうたる俳優たちの対決でもあるが、様々なヒット作を書いてきたスター作家たちの対決で一層関心を集めている。
勝利の女神は誰の手を取ってくるのか?
韓国ドラマ‘Two weeks’視聴率と主君の太陽の視聴率はどちらが先に笑えるのか?

 

Two weeksのソ·ヒョンギョンvs主君の太陽のホン姉妹、視聴率の勝者は?

Two weeksのソ·ヒョンギョンvs主君の太陽のホン姉妹、視聴率の勝者は?

◆大切にしておいたシナリオを取り出したソ·ヒョンギョン作家

ソ·ヒョンギョン作家の代表作は、華麗なる遺産、私の期限は49日、検事プリンセス、いとしのソヨンなどがある。

ソ·ヒョンギョン作家の代表作は、華麗なる遺産、私の期限は49日、検事プリンセス、いとしのソヨンなどがある。

韓国ドラマ‘Two weeks’は韓国ドラマ‘いとしのソヨン’と‘華麗なる遺産’などを執筆したソ·ヒョンギョン作家の作品である。
特に、今回の韓国ドラマ‘Two weeks’はソ·ヒョンギョン作家にとって特別な作品である。
2007年韓国ドラマ‘Two weeks’あらすじ(シノプシス/synopsis)著作権を既に登録しておいて大切においたことで知られてより期待を集めている。
イジュンギ主演ドラマ‘Two weeks’は、意味のない生活を送っていた一人の男性が殺人罪の濡れ衣を着せられた後、自分に白血病にかかった幼い娘がいることを知って、娘の命を救うために孤軍奮闘する2週間(2 weeks)の物語である。
16部作の序盤にはジャンテサン(イ·ジュンギ)が逃亡者になった理由が描かれて、以来、一話に一日の割合で彼の逃亡記が緊迫に描かれる独特の構造を用いた。
ソ·ヒョンギョン作家のパートナーは‘個人の趣向’、‘強くなれクムスン’などを通じて感覚的な演出力をお目見えしたソン·ヒョンソクPDだ。
韓国ドラマ Two weeks キャストは、イ·ジュンギ、キム·ソヨン、リュ·スヨン、パク·ハソン、キム·ヘオク、チョ·ミンギなどが出演を決めている。
韓国ドラマ Two weeksに出演する俳優たちもソ·ヒョンギョン作家には心強い武器である。
皮肉なことに‘華麗なる遺産’、‘検事プリンセス’で呼吸を合わせたジンヒョクPDと対戦することになった。

◆異色的なジャンルの持ってきたホン姉妹

ホン姉妹の代表作は、美男<イケメン>ですね、快傑春香、ファンタスティック・カップル、最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜、僕の彼女は九尾狐<クミホ>などがある。

ホン姉妹の代表作は、美男<イケメン>ですね、快傑春香、ファンタスティック・カップル、最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜、僕の彼女は九尾狐<クミホ>などがある。

‘主君の太陽’を執筆した‘ホン姉妹’ホン·ジョンウン&ホン·ミラン作家は、‘美男<イケメン>ですね’、‘快傑春香’、‘ファンタスティック・カップル’、‘最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜’などのハツラツとしたロマンチックコメディーの大家である。
前作、韓国ドラマビッグ ~愛は奇跡<ミラクル>~の低い視聴率に苦しんだホン姉妹にとって、‘主君の太陽’は切歯腐心、名声回復のための重要な作品である。
‘主君の太陽’は、既存のホン姉妹の作品と同じように一般的ではないキャラクターが登場し、新鮮な楽しさを期待させる。
幽霊を見る女性テ・ゴンシル(コン·ヒョジン)とお金にしかわからない細かいショッピングモール社長チュ・ジュンウォン(ソ·ジソブ)の出会いは、平凡な女性が金持ちの男に会う有り触れたシンデレラストーリーをひねってロコミックホラーという異色ななジャンルの誕生を予告した。
ホン姉妹のパートナーは韓国ドラマ‘シティーハンター’、‘検事プリンセス’、‘華麗なる遺産’などを演出したジンヒョクPDだ。
ロコクイーンコン·ヒョジンと演技変身を予告したソ·ジソプの調和は放送前から‘主君の太陽’の興行要素として挙げられる。
スター作家、スター俳優たちの対決で関心を集める‘Two weeks’と ‘主君の太陽’は、8月7日午後10時初放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ