優しい男あらすじ16話予告!ソンジュンギのプロポーズ?

優しい男あらすじ16話予告!ソンジュンギのプロポーズは成功するのか?

優しい男16話でソンジュンギがムンチェウォンにプロポーズをする予定だ。
KBS 2TV水木韓国ドラマ、優しい男(原題:世界のどこにもいない優しい男、脚本:イギョンヒ/演出:キムジンウォン)であえて触れることができない魔性の魅力で視聴者たちの心を捕らえているソンジュンギが、優しい男16話でときめきいっぱいのロマンチックプロポーズで女心を揺さぶる予定だ。
10月31日放送された韓国ドラマ、優しい男15話では、ソンジュンギ(カンマル役)とムンチェウォン(ソウンギ役)が、甘く幸せな時間を過ごすと、心のこもった切なくて熱いキスでお互いに向けた心を確認する場面が描かれた。
そんな中、ソンジュンギがきれいな花束とコーヒー、プレゼントを準備したまま、やや上気した表情でムンチェウォンを待っているようなときめく姿を予告してより一層関心が集められている。

優しい男あらすじ16話予告!ソンジュンギのプロポーズ?

優しい男あらすじ16話予告!ソンジュンギのプロポーズ?

ソンジュンギが、愛する恋人のために一つ一つ暖かい心を込めて準備した特別なプレゼントと一緒にどんなロマンチックなプロポーズで彼女に自分の気持ちを伝えるか期待感を高めている。
特に、ソンジュンギは愛の告白を控えた男の震える心をそっくりそのまま伝達し、その姿自体だけでも幸せそうに見えて女心を動いている。
また、ソンジュンギはふと閃光のように浮かぶムンチェウォンの記憶にマル自信が意図的に接近したという事実を知ると、彼女が去ってしまおうかと、いつも心配していた以前の姿とは違って平穏ながらも何かを決心したようで、今後ソンジュンギの愛がどのように展開されるかより人目を引いている。
優しい男の関係者は、“いつもギリギリ危うかった二人の愛が心を込めた初めてのキスを通じて、さらに心を深め、ソンジュンギの胸ときめくプロポーズが果たして成功することができるか多くの関心を持ってほしい。”とし、“ムンチェウォンに向けた愛で暖かく柔らかくなったソンジュンギが彼女を向けてどんなロマンチックなプロポーズで心を動かすかにも多くの期待望む。”と伝えた。
一方、カンマルとソウンギの真心込めた初めてのキスで話題になった優しい男視聴率15話の結果は、視聴率調査会社AGBニールセンリサーチの集計に基づいて18.3%の視聴率を記録した。
一方、優しい男ソンジュンギのときめきいっぱいのプロポーズでもう一度話題の中心に立つ韓国ドラマ優しい男は、優しい男15話の放送でソンジュンギ、ムンチェウォン、二人の切ないキスシーンでエンディングを迎え、二人の愛がどのようにつながるのか関心が高い中、11月1日午後10時に優しい男16話が放送される予定だ。

優しい男あらすじ16話予告!パクシヨン、ソンジュンギに執着?

世界のどこにもいない優しい男(脚本:イキョンヒ/演出:キムジンウォン、イナジョン)のソンジュンギに向けたパクシヨンの執着が加わって結末に不吉な影をおろした。
10月31日放送されたKBS 2TV水木韓国ドラマ、 優しい男15話でハンジェヒ(パクシヨン)はカンマル(ソンジュンギ)とソウンギ(ムンチェウォン)のキスを目撃して怒った。
カンマルとソウンギの愛が深まるほどハンジェヒの執着も大きくなった。

優しい男あらすじ16話予告!パクシヨン、ソンジュンギに執着?

優しい男あらすじ16話予告!パクシヨン、ソンジュンギに執着?

ハンジェヒは過去、カンマルとの思い出が刻まれているマルが住んでいた家を購入して訪ねながら昔の思い出を恋していた。
また、カンマルのためにテサングループまで捨てることができるというソウンギの思いを聞いて、震えながら危機感を現わした。
続いて、優しい男15話の放送末尾、暴行の濡れ衣を脱いで警察署から出てきたカンマルとそのカンマルを待っていたソウンギが激情的なキスを交わす姿を目撃したハンジェヒは驚愕を禁じえなかった。
続いた優しい男16話予告映像でハンジェヒは一人でお酒を飲みながら苦しんでいた。
これと共に、優しい男16話予告映像篇では、カンマルにプロポーズするソウンギの姿が描かれた。
その後に続いて、カンマルの死を言及するアンミニョン(キムテフン)とハンジェシク(ヤンイクチュン)の姿が描かれて視線を集めた。
アンミニョンは、“私たちが行く道のロードキルはソ会長(キムヨンチョル)一人だけであることを願う。カンマルまで加えずに”と話し、ハンジェシクは、“お前もカンマルが消えることを願うのか?”と反問してカンマルの未来に悲劇的なオーラを加えた。

優しい男あらすじ16話予告テキスト版

ウンギ(ムンチェウォン)はマル(ソンジュンギ)との幸せな思い出の記憶を戻してマルに結婚しようとプロポーズをする。
まだテサングループも、マルも離せないジェヒ(パクシヨン)は心を苦しみ、その姿を見守るアンミニョンは嫉妬心を制御することができず・・・
マルの病気を知ったジェギル(イグァンス)は早く手術を受けようと催促するが、マルはウンギ、チョコ、ジェギルと一緒に過ごす幸せな時間をもっと享受していたいともう少し待って欲しいという。
一方、ウンギは誰かが置いて行った1年前、自分の交通事故の記録が盛られた封筒を見ることになり、少しずつ事故当時の記憶が浮び上がてくるが・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ