ファッション王鑑賞ポイント3つ、ファッション王製作発表会、ユアインインタービュー

ファッション王鑑賞ポイント3つ、ファッション王製作発表会、ユアインインタービュー
ファッション王鑑賞ポイント3つ、ファッション王製作発表会‘成功ストーリー’

ファッション王、青春ドラマの反撃、熾烈な20代報告書

ファッション王のあらすじを見ると、20代青春の人々が夢と愛を探して旅立つストーリーのように見える。
ここまでは、既存のありふれる青春ドラマを思い浮かべやすい。
しかし、ファッション王は既存の青春を描いたドラマとの比較を拒否する。
それもそのはず、背景からキャラクターまで、以前の青春物では見られなかった独特の魅力を漂わせた。
3月14日午後2時ロッテモール金浦空港店で開かれたSBS韓国ドラマ、ファッション王製作発表会。

ファッション王、ユアイン シンセキョン イジェフン ユリ

ファッション王、ユアイン シンセキョン イジェフン ユリ

20代の代表の期待の持ち主たちが一堂に集まった。
ユアイン、シンセキョン、グォンユリ、イゼフンなど主人公4人衆が、出発に先立ち、期待と抱負を語った。
ファッション王を一言で定義すると、脱典型である。
キャラクターは極端で、その表現方法も露骨である。
ストーリーも同じだ。
ぎくしゃくしたロマンスではなく、熾烈な現実を表に出した。
今、この時代、20代の青春報告書とも言える。
ファッション王は青春物のアップグレード版となるだろうか。
出演者たちに自信と期待を聞いた。

ファッション王鑑賞ポイントその一、ロマンスよりはメロー

ファッション王は、既存の青春ドラマと違う道を選んだ。
キャンパスではなく東大門を背景にして、20代のロマンの代わりに、夢と現実を掘り探った。
既存の青春物がぎくしゃくした少女漫画だったら、ファッション王は激しいリアリティー物に近い。
イゼフンは“青春ドラマだといきいきとした愛の物語をたくさん入れてきた。ファッション王は、ここに、さらに一歩進んだ”とし、“各人物が主体的であり、仕事の中で自我を探す姿が強く描かれている。他のドラマとは明らかに異なるだろう。”と述べた。
ラブラインもロマンスではなく、メローに近い。

ファッション王,ファッション王製作発表会,ユアイン イジェフン

ファッション王,ファッション王製作発表会,ユアイン イジェフン

ファッション王は、ときめく初恋ではなく、深い傷と癒しの治癒課程を盛りいれる予定だ。
緻密な感情表現で1020世帯(10代から20代)から3040世帯(30代から40代)まで共感できると思われる。
ユアインは“建前だけを見れば、トレンドドラマに思いがちだが、中身を覗くと正統メローがある。多分、濃いメローがドラマのすべてになるほどと深いと言える。”とし、“その他のファッションなどはメローなどの感情を表わすツールとして使われるだろう。”と予想した。

ファッション王鑑賞ポイントそのニ、厚かましいキャラクター

ファッション王には、平凡なキャラクターはいない。
4人の主人公すべて典型性から脱して、極端的だ。
さらに、各人物ごとに両極端を走る。
端的な例でユアインががむしゃら男なら、イゼフンは冷血男であるようだ。
ユニークで強烈なキャラクターを見る楽しさがある。
ユアインは“ファッション王において、最も重点を置く面は厚かましさだ。そうでないと表現できない人物だ”とし“ダイナミックな感情表現をするのが特徴だ。実際の私の姿も多く含まれている。既存の作品では、多く見せられなかった姿も今回、ファッション王を通じて全て表わし出しているようだ。”と伝えた。

ファッション王,ファッション王製作発表会,イジェフン,ユリ

ファッション王,ファッション王製作発表会,イジェフン,ユリ

特別なキャラクターであるだけに、演技は容易ではない見通しだ。
4人の主演俳優、皆が繊細な内面演技をお目見えする予定だ。
それだけ、キャラクターの集中分析は欠かせない。
特に、今回の韓国ドラマ、ファッション王でドラマデビューをする少女時代のユリの場合はもっと大変だった。
グォンユリは“何よりもキャラクターの中で自分の姿を見つけるために努力した。”とし、“周辺でも多くの助けを頂いた。ビデオカメラでモニターをしながら私を観察し、PDと何度もミーティングを持ちながら、キャラクターの感情を引き出すために努力した。”と説明した。

ファッション王鑑賞ポイントその三、期待の持ち主たちの集まり

ファッション王は、外的に期待される部分は、断然キャスティングだ。
忠武路(チョンムロ/映画界)、ブラウン管(TV)、歌謡界の期待の持ち主がファッション王に集まったからだ。
忠武路のブルーチップと認められたユアインとイゼフン、ブラウン管視聴率興行保証シンセキョン、ガールズグループ代表、少女時代のユリまで、興味深い組み合わせだ。
既に、プロフェッショナルな現場の雰囲気が形成されたと言う自評だ。
ユアインは“若い俳優たちだが、アマチュアではない。演技をするとき重要なことが何か知っている人だ”と言いながら“作品を1順位にして感情の交流をしている。このような雰囲気が4~5回から造成されている”と自慢した。

ファッション王、ファッション王製作発表会、ユアイン、シンセキョン

ファッション王、ファッション王製作発表会、ユアイン、シンセキョン

俳優たちの呼吸も期待できる。
特に、ユアインとシンセキョンは有数の演技呼吸を誇っているところだ。
ユアインはシンセキョンを介して、成熟した魅力を感じていて、シンセキョンはユアインを介して、自分の枠組みを破っているという説明だ。
シンセキョンは“これまでは私の主観なしで、水が流れるように生きてきた。自分が何を考えているのか忘れて住んでいたのが事実”と言いながら“ユアインは違った。自分の考えを他人の視線のために捨てない。この点がとても魅力的であったし、演技とキャラクターにも反映されるようだ”と強調した。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ