ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナが兄と妹で再会?二人の運命は?

5月7日放送されたKBS 2TV月火韓国ドラマ、ラブレイン13話では、チョンハナ(ユナ)はソインハ(チョンジニョン)とソジュンの関係を知ってソジュンとの別れを決心した。
チョンハナは突然、自分に冷たくなったソジュン(チャングンソク)にこだわって、その理由を尋ねた。
ソジュンは“必ず理由が必要なら、私が不治の病にかかったことにしよう”と言葉を返した。
しかし、すぐにチョンハナは自分の目でその理由を目撃して驚愕した。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

ソジュンとチョンハナが一緒に訪れた海辺でソインハとキムユニ(イミスク)もやってきたこと。
チョンハナは“ソジュン・・・ソ教授・・・”とつぶやいてソインハはとソジュンの関係に気づき、これにソジュンは“そうだ。あの、私たちのお父さんとあなたの母だ”と答えた。
KBS月火韓国ドラマ、ラブレインでさらに思い願う愛に悲しい涙を流しているチャングンソクとユナが別れよりも悲しい真心で視聴者を泣かせた。
去る7日に放送されたラブレイン13話では、 ジュン(チャングンソク)は、朝浜でハナ(ユナ)に、“私は常に私が望んでいた誰かの最初になれなかったみたい・・・だから、君には期待をかけたよ・・・君は私が何でも初めてだと言うから。あ~多分、君の取っては私が最初になるかも知れないと”と率直に言って自分の中で大きくなってしまったハナの存在を打ち明けた。
しかし、偶然にインハ(チョンジニョン)とユニ(イミスク)を発見し、ハナはなぜジュンが自分に別れを告げるしかなかったのか、その理由を知ることになった。
衝撃を受けたハナに低い声で、“ハナヤ・・・ハナヤ・・・”と呼びながら、彼女の名前三文字を呼ぶだけでもハナの切ない心を癒してくれるジュンは、ハナと一緒に酒を飲みながら、これまで隠してきた心を分かち合いながら、一般的な別れの瞬間よりも心に染み込む悲しみを伝えた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

特に、ハナが微笑んで、“撮影する時、私が実際は綺麗だったでしょう?”と聞くと、目つきにいっぱい真心を込めて、“そう綺麗だった。”と、これまでに冷酷に吐き出していた毒説が嘘だったと言うジュン、また、ハナが、“うちのお母さん・・・憎んだの?私は?。私の母の娘である私でも・・・憎くない?”と聞くと、“…私には君はだだ君なの”と言うジュンの言葉と切ない目つきには、淡々としてもっと悲しい心がにじみ出て視聴者たちの鼻先をじいんとするようにした。
また、“私のたくさん好きなことを知っていますか?”と聞くハナの言葉に、黙ってうなずいて分かち合う二人の目つきには、もっと多くを語ることができない真心との別れを直感した恋人たちだけの切ない心が込められており、さらに心に哀切さが染み込んだ。
そのように、お互いの別れを直感して再度向き合った二人。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナの切なくて美しい愛の結末は?

切ない目つきでハナを抱きしめたジュンは、“君が選択のようなことしないようにするよ”とハナの心を抱くようだったが、結局、“別れよう”と一番辛い別れの抱擁で終わりを告げ、お茶の間を涙でにじませた。
別れなければならことを知っているからこそ、淡々と胸奥の真心を伝える男の悲しみを繊細に描き出したチャングンソクは、深い目つきと低い声で濃い余韻を残したし、ユナも別れを受け入れ悲しみを抑え込む演技で、より深い悲しみを伝えて届くそうで触れないソチョンロマンスの切なさを加えた。
母親の幸せのためにチョンハナはソジュンとの愛を諦めて、ホワイトガーデンからも去った。
チョンハナはソジュンに、“私はいつもあなたの幸せを祈ります”という花言葉のメッセージと花鉢を残した。
チョンハナが去った後、ソジュンは酒に溺れて仕事もできず廃人になった。
しかし、親の幸せのために別れを決めたソジュンとチョンハナの痛みはここで終わらなかった。
ラブレイン13話で、ソジュン(チャングンソク)とチョンハナ(ユナ)が涙で別れた後、兄妹で初顔合わせした。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナが兄と妹で再会?二人の運命は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話、チャングンソクとユナが兄と妹で再会?二人の運命は?

結婚準備に拍車をかけたソインハはとキムユニが不意にソジュンとチョンハナに挨拶させて別れの悲しみがまだ消える前に、兄妹で再会したからだ。
ラブレイン13話放送末尾で、ソインハはソジュンをキムユニとチョンハナに挨拶させて、キムユニは娘であるチョンハナを紹介しながら幼い恋人の心をもう一度痛ませた。
視聴者はラブレイン13話の放送後、関連掲示板を通じて、“ソインハとキムユニの結婚にソジュンとチョンハナは別れ、このドラマは非常に視聴者を苦しませる”、“ソジュンとチョンハナ、ソチョンカップルは一体どうなるんだろう?” 、“何とかソチョンカップルも結ばれるといけないのか?息苦しくて死にそうだ”などの反応を見せた。
一方、ラブレイン13話の放送末尾、ラブレイン14話予告編を通っては、“もう、母が結婚するのがこれ以上幸せなだけではない”と言うチョンハナの姿が描かれて展開に興味を集めた。
チャングンソクとユナの切ない姿にネチズンたちは、“ジュンの本音は、やはりハナのためのものだった。見る始終、胸が痛くて涙流した。”、“ソチョンカップル、ハユンカップル、本当にどうして両方結ばれる方法はないでしょうか?心が痛い!”、“母の幸せを願うハナも!ハナを大切に思うジュンの心も共感されて、今後さらに予測不可能!”とか、ソチョンカップルの別れに痛む心を吐き出した。
5月8日視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによると、5月7日に放送されたSBS月火韓国ドラマ、ラブレイン13話視聴率は5.1%(全国基準、以下同じ)を記録した。
これは去る5月1日ラブレイン12話で記録したラブレイン視聴率5.2%より0.1%p下落した数値だ。
一方、ラブレイン13話のエンディングで結婚をすることにしたインハ(チョンジニョン)とユニ(イミスク)がジュンとハナの関係を知らずに、一ヶ所に集まるようになった中でジュンがハナに知らない人のように冷ややかに接して、視聴者たちの気がかりなことを爆発させているKBS月火韓国ドラマ、ラブレイン14話は5月8日夜9時55分に放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ