ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、告白、ラブレイン大あらすじ3話

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、告白、ラブレイン大あらすじ3話

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソクとユナの素直になった瞬間、ラブレイン大あらすじ3話

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話の内容は素直になって始めて幸せな一時を過ごすインハ(チャングンソク)とユニ(ユナ)の姿が描かれています。
ラブレインあらすじ、ラブレイン3話で、ソインハは友情と愛の間で迷い続けていたが、ユニの勇気ある行動に友情ではなく愛を掴むために自分と戦う姿が描かれて、ユニの思わぬ病気?の伏線がひかれて今後、二人が別れるしかない理由ではないと思いました。
ラブレインあらすじはラブレイン大あらすじとラブレインあらすじ和訳に分けて掲載するつもりです。
ラブレインあらすじを先に掲載して、ラブレインあらすじ和訳は少し遅れると思いますが、必ず掲載するつもりです。
ラブレインは映像が綺麗なので、動画で見たほうがより伝わりやすいと思いますが、韓国語を知らないけど、ラブレイン公式ホームページを通じてラブレイン動画を視聴する方々に少しでも役に立ちたいと思いながらラブレインのあらすじを書いています。
ここからは、ラブレインあらすじ、ラブレイン3話で、ラブレイン大あらすじになります。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、悲劇的な愛を示唆、ユナの病気、別れる理由は?

インハが逃げればユニが近づいてきて、彼女が逃げてはインハが近づいていく。
インハとユニの愛は強い運命のように、そのようにお互いを話すことができず、遠ざかって、そして、一歩近付いてを繰り返し、つらい運命との戦いが続いている。
完成できなかったラブレインの歌をみんなに聞かせて、インハは皆に衝撃宣言をする。
“軍隊へ行くことになった。”
休学して軍隊に志願したという言葉にドンウクとユニの驚きは異なる理由で怒りを感じる。
事前に一言なしで、軍入隊を志願した友達の独断的な決定にムカつくドンウクで、自分のために苦しんで逃げようするのインハに腹が立つユニだった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

自分のためにそう決めたのかと聞くユニに、インハは違うと言いながらも、今でなければ、二度と伝えられないそうで、彼の真心を告白してしまう。
“全部嘘でした。私の絵、ユニさんがたまたま私の風景に入ってきたのではなく、その日のユニさんが私の風景でした。初めて会った日から私の風景はずっとあなたでした。その風景はあまりにも美しく、それ(あなた)のために、常にときめいていました。ごめんなし。卑怯だったこと・・・”。
あまりにも遅すぎて申し訳ないと言うインハ、一歩遅れた告白に涙で潤うユニの瞳、二人の間に言葉より多くの感情が交差していた。
橋の上に立っている二人を包んでいた夕暮れの夕焼けのように、インハのナレーションが流れれる。
“好きという言葉も、かなり痛いという話もきちんと伝えて見られず、空いっぱいに広がる水彩画のような夕暮れが終わりに近づいていた”。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

それが皆を苦しめないことだと思っていたインハ、愛は幸せと悲しみの両方の顔をしているという話がインハの話ということを、幸せは彼女の分け前として、悲しみはインハの分け前として耐えたいと思っていたインハだった。
“どこへ行っても私は毎日毎日あなたの幸せを願います。”、ユニに巻き腕時計を残して春川(チュンチョン)へスケッチ旅行に出発したインハ、インハの目にラブストーリー上映の看板が入ってくる。
彼女が好きなすべてのものがインハの心を悲しませる。
一緒に楽しむことができないから。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

インハが残していった時計を見たユニは、インハを向いて走り始める。
彼に向かって走って行ってしまう胸のときめきを隠すことができない。
スケッチをするというチョンピョンサどこにもインハの姿は見えない。
そして、インハが去ってしまったことを知ったユニだった。
ユニの目に映ったラブストーリー上映看板、雨が降る春川駅劇場前で運命のように再び出会った二人だった。
“会いたかったから。今日でなければ会えないと思って・・・”
インハと映画ラブストーリーの両方を意味するセリフは、ドラマの叙情性を付加させる。
映画、ラブストーリーを見ながらユニの手を握ろうかやめようか迷うインハの胸のときめき、常套的なときめきの表現技巧だが、その胸のときめきが視聴者のことで転嫁されるのは、チャングンソクのダサいな純粋さのためだったと思う。
技巧をみせない23歳の青春、チャングンソクがその頃のいきいきとした感情伝達を本当に上手に消化したと思った。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

映画ラブストーリーが終わって春川駅に来たインはとユニ、間違いなく登場する、終電は去ってしまった。
息が詰まったユニの手を握って待合室に入ったインハは、ユニが手を離そうとしたらもっと力を入れて強く握る姿に、胸がときめいた。
客引き行為をしているスカーフおばさんの誘惑(?)もお断りして、夜汽車に乗って東海に向うインハとユニ、そのように二人の愛は始まった。
皆に傷をつけることを知りながらも、止められなかった愛、その未完のときめきが・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

列車の窓ガラスに文字で書き渡す対話は古典的な映像をさらに洗練さを増さした。
文章を書いて息を吹きかけて表わせることは、それでより一層美しい純粋の色だった。
“幸せですか?”、と言うインハの文章に“!”を加えるユニ、短い映像が与える数々の話でもあった。
東海の浜辺に座って未完の曲、ラブレインを完成させるインハとユニは、悲しく終わるそうで完成できなかったと言うインハにユニが彼女の心を伝える。
“今は違うでしょう?二人で一緒に作りましょうか?”、愛が悲しく終わらないだろうという、ユニもインハが好きだという告白だったから。
ユニの頬に口付けるインハ、一足跡、一足跡を作りながら彼女に近寄ることが幸せなインハだった。
ユニのより多くを知りたいと思っているインハだった。
毎日毎日を彼女と一緒に過ごしたいインハだった。
“愛しています”。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ソウルに帰ってきたインハとユニは、もちろん二人の蒸発にセラヴィー仲間たちは大騒ぎになっていた。
インハのキャビネットでユニの絵と日記帳を見つけたヘジョン、ユニがインハを会いに春川に行ったことが分かったドンウク、インハの秘密を知っているチャンモ(ソイングク)が何とか解決しようと努めるが、結局、インハによって全てが明らかになる。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク

ドンウクにユニが好きだと言うインハ、“私が言った3秒、ユニさんだった。ごめん、もう、お前に譲歩するつもりはない”。
友達に裏切られたショックを受けたドンウクとインハを片思いしているヘジョンの涙が二人を認めないと言う事を示唆していた。
友達にユニが好きであることを明らかにして、もう、思う存分愛しいと言う感情を隠さなくても良いという幸福感に胸が詰まり、会いたいと言う気持ちを抑えることができず、お互いの家を向かって走る二人、そのように二人に愛は幸せなことだった。
永遠に続くそうな幸せ・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

しかし、愛のもう一つの顔、悲しみが二人に向かって始まった恋よりも速いペースで近づいて来ている。
ヘジョン(ソンウンソ)がインハのキャビネットで見たユニの日記帳が二人の悲劇を予告したが、日記帳ではなくユニの病気が二人を別れさせる理由になるようだ。
“日記帳を見て話すことを聞いてそれが愛だったと勘違いしました”と言って、冷たく背を向けたユニの姿がラブレイン4話予告で出たが、ユニもインハの愛が真心であることを知っている。
愛は申し訳ないと言わないこと、それは真心だからだという意味をユニも知っていた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、ユナ

日記帳ではなくユニの病気が二人に悲劇的な別れをもたらすようだ。
東海から帰ってきたユニがめまいを感じて、結局、道端に倒れてしまい、通行人がユニを病院に運んで応急処置を受けたが、看護師が医師(先生)が説明すると言う言葉で、ユニに思わしくない事がおきることを示唆していた。
おそらく精密検査をして、ユニに結果を見に病院へ再度来ることを求めたはず。
顔が青白くなり、せきをしたりしたユニの状態を見ると、肺結核が疑われる。
70年代に結核や肺結核が若い人にも栄養不足や劣悪な環境で発生頻度数が高かったことを見れと推測できる。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、ユナ

知られているように、ユニはアメリカに渡り後ほど、中年になったユニをイミスクが演じることになっているから、病気治療のためにアメリカへ行くことになったため、ユニがインハを離れる決心をしたのではないかとと思った。
もちろん、病気があるという話をインハに話すことはできないはずだから。
肺結核や結核が感染症であることを知りながらも、インハがユニを遠ざからないことをユニがもっと知っているから。
隔離が必要な場合もあるが、インハはユニを離れないだろうし、そのため、日記帳を言い訳にひどい言葉を言ってインハと別れを告げるつもりではないかと・・・
ユニは、インハから離れる方法は米国に渡ることが最善だと思うようだから。
守るために愛する人から去っていくことが愛でもある、愛してるからこそ別れを告げるという言葉が、ユニが未完成で残すしかなったインハとの愛ではないかと思った。
ユニが去ってインハは、軍入隊をしながらそのように二人の幸せだったり、切なかったりもした愛は、二人の記憶に青春の1ページに残る。
終わらせなかった物語を書き続けることができず、折られたままで・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインは1980年代にあったようなドラマ的な技巧を通じて、ひどいほど陳腐な古典に充実している。
“そんな愛もあっただろう”として、上塗りすることを拒否して透明な水彩画にこだわっているユンソクホ監督とオスヨン作家の馬鹿力が公害にやつれた心を浄化させてくれたりもするが、一方では、あまりにも多くの色の愛のドラマに慣れている視聴者を深く濡らしてくれるのか、懸念される面もある。
まさか、こんなに視聴者にも容易に知ることができる設定を用いるのかと不思議ほど、ドラマは古さと遅さ、熟成を主張している。
そして言う。
“初めて愛を始めるには、3秒がかからなかった。しかし、愛を終える時は3秒では不可能だった”。
インハの回想をゆっくり、非常にゆっくり描いている理由は、30年後のインハとユニにも、相変わらず、折られた状態で有効な初恋、その胸のときめきが忘れられないようにするものではないかという気もする。
その古さと遅さが2012年2世代の愛とどのような違いと共通点があるかを対比するために。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話、チャングンソク、ユナ

そろそろ韓国ドラマ、ラブレインの展開にスピードを出して欲しいと思っていたが、幸いなことに全く違う姿で登場した2012年のチャングンソクとユナの変化した姿がラブレイン4話予告編に登場してうれしいと思った。
古い写真が入ったアルバムからぷつんと飛び出したようなチャングンソクとユナの苦しくて下手な愛と、2012年に洗練された姿で破格登場したチャングンソクとユナが見せる愛はどのように異なるか、キャラクターの変化がある分、ラブレイン5話からの期待が大きい。。
次回のラブレインあらすじ、ラブレイン4話をお楽しみに・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ