愛の雨、愛の雨鑑賞ポイント、チャングンソク、ユナのラブストーリー愛の雨鑑賞ポイント4つは?

愛の雨、愛の雨鑑賞ポイント、チャングンソク、ユナのラブストーリー愛の雨鑑賞ポイント4つは?
愛の雨、愛の雨鑑賞ポイント、胸をぬらすラブストーリー愛の雨鑑賞ポイント4つは?

ユンソクホPDの新作KBS 2TV新しい月火韓国ドラマ、愛の雨が3月26日初放送を控えている。
韓流ドラマ熱風を導いたユンソクホ監督の感性的なラブストーリーを噴き出すオスヨン作家の愛の雨が期待を集めている。
KBS 2TV韓国ドラマ、愛の雨(演出:ユンソクホ/脚本:オスヨン)がユンソクホPDの水彩画のような美しい映像美とオスヨン作家の感性的ラブストーリーにもう一度、正統派メロドラマ界に新しい風をふかすのかに期待が集まっている。
3月26日初放送される愛の雨あらすじは、70年代の純粋な愛を通じて最初の初恋の切ない心を思い描いて、現時代が共感できる2012年のトレンディーな愛の物語を通じて、時代と世代を超越している愛の本質を物語るドラマだ。
愛の雨が待望の初放送を控えて事前に知っているとよりときめく愛の雨鑑賞ポイント4つを公開する。

愛の雨鑑賞ポイント1つ、70年代と2012年に描かれる変化の激しいチャングンソク、ユナ、キムシフの1人2役、多様な演技スペクトラムへの期待

愛の雨鑑賞ポイント1つは、70年代と2012年に描かれる変化の激しいチャングンソク、ユナ、キムシフの1人2役、そして、多様な演技スペクトラムへの期待だ。
愛の雨は、70年代と2012年代の二時代を同時に描く作品で、180度異なる1人2役の演技を広げる若い俳優たちの演技変身に期待を集めてドラマに新鮮な楽しさを与えている。

愛の雨、愛の雨鑑賞ポイント、チャングンソク、ユナのラブストーリー愛の雨鑑賞ポイント4つは?

愛の雨、愛の雨鑑賞ポイント、チャングンソク、ユナのラブストーリー愛の雨鑑賞ポイント4つは?

70年代の柔らかで多情多感な美大生であるソインハ役と2012年の冷たいフォトグラファーソジュン役を演じるチャングンソクは2つの相反した人物を表現して完璧な演技変身、180度違った魅力で女心を根こそぎ揺さぶる予定だ。
特に、正統メロを介して、いつの時よりもさらに深くなった目つきと成熟した演技を繰り広げているチャングンソクは俳優として多様な演技スペクトラムを見せてくれることに間違いないため、既に期待されている。
70年代の地味で清純なキャンパスの女神キムユニ役と2012年の爽やかで溌剌な大学院生チョンハナ役を引き受けて、男性たちのロマンを刺激する愛の雨のヒロインユナは、女優として一段階成長した姿を見せる予定だ。
また、70年代のロマンチックカサノバ、イドンウクと医師界のペット男、イソンホ役で女性たちの母性本能を刺激するキムシフも新たな魅力を発散して関心を集める見込みだ。

愛の雨鑑賞ポイント2つ、映像美学の代表、ユンソクホPDの魔法のような色の饗宴、自然光に込めた一枚の水彩画とレッドワン&Alexaのカメラがもたらす映画のような映像美

すでに、愛の雨動画予告篇を通じて大きな話題を集めているのは、まさに映画のような優れた映像美だ。
韓国ドラマ、秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツなど四季を通じた名品メロドラマシリーズで誰も真似できない映像美学を見せてきたユンソクホPDとKBSドキュメンタリー、チャマゴドで2007年グリーメ大賞と2008年放送大賞撮影賞を受賞し、最近、韓国ドラマ、ブレーンまで、多数のドラマ作品に参加してきKBS代表撮影監督ベクホンジョンが力を合わせて、最高の映像美を期待させる。

愛の雨鑑賞ポイント2つ、映像美学の代表、ユンソクホPDの魔法のような色の饗宴 チャングンソク、ユナ

愛の雨鑑賞ポイント2つ、映像美学の代表、ユンソクホPDの魔法のような色の饗宴 チャングンソク、ユナ

季節のありのままの美しい色のために、長い時間をかけて自然光を探して通ったりもしたユンソクホPDは70年代のキャンパスのロマンを盛り入れるために、去年の秋から撮影に突入するたくみの精神を発揮し、空間に映る色と葉一つ一つ、雨脚(あまあし:降り注ぐ雨)までも豊かな色彩で繊細に表わして、五感を刺激する鮮やかな映像美をお茶の間に贈る。
だけでなく、KBS韓国ドラマ、チュノ(推奴)で有名になったレッドワンカメラを使用して、編集に相当な時間がかかるにもかかわらず、愛の雨5話放送分、5回分に及ぶ70年代、全分量をレッドワンカメラで事前製作しており、2012年の美しい雪景が広がる北海道ロケの分量を映画撮影時のよく使うALEXAで表わして、トレンディーさの中に深みと柔らかさを与える俳優の表情や感情により没頭させる。
このように、毎話あまりにもきれいな映像が縫い取られる愛の雨は70年代のアナログ的な風景と2012年に現在の感覚的な姿を同時に見る楽しさと美しい映像美が視聴者たちの目を楽しませるに十分である。

愛の雨鑑賞ポイント3つ、ユンソクホ監督とオスヨン作家の再会、イミスク、チョンジニョンの芝居の呼吸、ウェルメイド正統メロドラマの真髄が繰り広げられる。

韓国ドラマ、秋の童話、冬のソナタと供に、メロドラマの一線を引いたユンソクホPDとオスヨン作家が10年ぶりに意気投合した韓国ドラマ、愛の雨は、最近になって定型化されているロマンチックコメディードラマのスピーディーな展開よりは、人間本来の感性をより詳細に覗き見れる感性ラブストーリーで正統メロドラマの帰還を予告している。

愛の雨鑑賞ポイント3つ、ユンソクホ監督とオスヨン作家の再会 秋の童話

愛の雨鑑賞ポイント3つ、ユンソクホ監督とオスヨン作家の再会 秋の童話

 

愛の雨鑑賞ポイント3つ、ユンソクホ監督とオスヨン作家の再会 冬のソナタ

愛の雨鑑賞ポイント3つ、ユンソクホ監督とオスヨン作家の再会 冬のソナタ

また、青春の愛はもちろん、イミスク(2012年キムユンヒ役)とチョンジニョン(2012年ソインハ役)の切ない中年の愛まで深く描き出して中高年層には、その時代の郷愁を現世代には変わらない愛の震えをプレゼントしてウェルメイドメロドラマの真髄を見せる予定だ。

愛の雨鑑賞ポイント4つ、チャングンソク、ユナ、ユンソクホPDが伝える愛の雨鑑賞ポイント

チャングンソクは、“韓国ドラマ、愛の雨は、インスタント的な愛の物語ではなく、待つことの美学が存在するドラマで70年代のインハ(チャングンソク)とユニ(ユナ)の純粋な愛の物語が少し遅くてよりときめく胸のときめきをプレゼントできるだろう”と期待感を表わした。

愛の雨鑑賞ポイント4つ、チャングンソク、ユナ、ユンソクホPDが伝える愛の雨鑑賞ポイント

愛の雨鑑賞ポイント4つ、チャングンソク、ユナ、ユンソクホPDが伝える愛の雨鑑賞ポイント

ユナは“愛の雨は、最近感じることができない豊かな感性を持った純粋な正統メロドラマで、70年代と2012年代の背景を同時に見る楽しさが新鮮さを伝える”と付け加えた。
ユンソクホPDは“愛の雨初放送でチャングンソクとユナの完璧な演技変身が驚くようだ。今まで見られなかったもう一人のチャングンソクとユナの姿を見ることができるだろう”と明らかにして、“愛の雨は、美しく純粋で暖かい情緒的満足を与えるドラマで視聴者たちが長い間、記憶して胸に残す作品になることを願う”と願いを表わした。

愛の雨鑑賞ポイント4つ、チャングンソク、ユナ、ユンソクホPDが伝える愛の雨鑑賞ポイント

愛の雨鑑賞ポイント4つ、チャングンソク、ユナ、ユンソクホPDが伝える愛の雨鑑賞ポイント

一方、70年代の思い出を大事に胸に残している中高年層はもちろん、現世代の感性まで刺激して、2012年に韓国のお茶の間をしっとりとした愛の雨でびっしょりと濡らしてくれるものと期待されている正統メロ韓国ドラマ、愛の雨は、韓国ドラマドリームハイシーズン2の後続で、来る3月26日午後9時55分初放送される予定だ。
韓国ドラマ、愛の雨1話でチャングンソクとユナはどのような70年代の愛の物語を描いて、お茶の間に愛の雨を降り注げるのか期待される。
チャングンソク、ユナ主演の愛の雨、愛の雨1話を見逃さないように・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ