愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、愛の雨はユンソクホPDの冬のソナタを継承できるのか?

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、愛の雨はユンソクホPDの冬のソナタを継承できるのか?

愛の雨、チャングンソク、ユナ、ユンソクホPD表メロドラマが通じるのか?

チャングンソク、ユナの愛の雨、ユンソクホPD式メロ通じるだろうか?
愛の雨を介して最高の人気を享受している男女の青春スターがブラウン管を攻略する。
来る3月26日初放送されるユンソクホPDの新しい韓国ドラマKBS 2TV、愛の雨 で恋人演技を広げるチャングンソクとユナがその主人公だ。
韓流ブームをリードしているアイドルスターがドラマを通じて演技に挑戦するのはもう一一般的な現象である。
愛の雨と同時間帯競争を繰り広げるSBS韓国ドラマ、ファッション王は、ユナと同じグループ少女時代のグォンユリが出演して、少女時代の二人のメンバーが視聴率を競うエキサイティングな状況を演出する予定だ。

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、愛の雨はユンソクホPDの冬のソナタを継承できるのか?

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、愛の雨はユンソクホPDの冬のソナタを継承できるのか?

去る3月21日初放送したSBS韓国ドラマ、屋根部屋の皇太子のパクユチョン、同時代の競争作MBC韓国ドラマ、ザ・キング2Heartsのイスンギはそうそうたる韓流スターたちの演技対決を鑑賞する楽しさを提供している。
話題作があふれる状況でも愛の雨が特別な関心を得ているのはトップの青春スターの同時キャスティングとスターPDユンソクホへの関心だと説明される。

愛の雨、グンチャンと少女時代が出会った。

愛の雨を介してグンチャンと少女時代が意気投合する。
日本で最高の人気を享受しているグンチャン、チャングンソクと少女時代のユナの出会いは、韓国内だけでなく、アジア地域のファンの熱い関心を呼び起こした。
3月22日に開かれた愛の雨制作発表会場には韓国内外のマスコミが大挙出動して人だかりを成したりした。
子役出身でこまめにキャリアを積んできたチャングンソクは俳優であると同時に、日本において最高の人気歌手として活躍している。
チャングンソクはSBS韓国ドラマ、美男(イケメン)ですねが日本で大ヒットを収めた後、成功的な日本進出を成し遂げた。
チャングンソク主演、韓国ドラマ、美男(イケメン)ですねは日本でリーメークされたこともある。

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、グンチャンと少女時代が出会った。
愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、グンチャンと少女時代が出会った。
愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、グンチャンと少女時代が出会った。

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演、グンチャンと少女時代が出会った。

ドラマを通じた韓流熱風の出発点に立っている俳優ペヨンジュンもユンソクホPDの韓国ドラマ、冬のソナタを通じて日本でのトップスターに浮上した。
しかし、すでに日本で最高の青春スターで位置づけたチャングンソクは、逆に、韓国ドラマ、愛の雨の興行に大きな役割を果たすものと見られる。
韓国ドラマ、冬のソナタがヨン様を作り上げたなら、チャングンソクは、存在そのものだけで愛の雨の人気を担保することになる。
ユナも少女時代の活動と演技の歩みを並行して成長している。
特に、去る2009年放映終了したKBS 2TV韓国ドラマ、君は僕の運命を通じて、前世代に至る認知度を得て女性アイドルスターの中で目立つ演技者変身を成し遂げた。

愛の雨 ユンソクホ  冬のソナタ、秋の童話、夏の香り、初のワルツ

愛の雨 ユンソクホ  冬のソナタ、秋の童話、夏の香り、初のワルツ

ユンソクホPDは秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツをつなぐ四季シリーズを介してメロドラマの代表者として名前を知らせた。
ユンソクホPDのドラマに出演したヒロインたちは皆、大きな人気を得てトップスターの座を守った。
秋の童話のソンヘギョと冬のソナタのチェジウ、夏の香りのソンイェジンが代表的だ。
愛の雨の主演ユナが、これらをつなぐブラウン管女神に生まれ変わることができるかも見守るに値する。

愛の雨はユンソクホPD式メロで呼応を得るのか?

ユンソクホPDは、四季シリーズを介して悲しいメロがブラウン管でも通用することを示してくれた代表的な演出者だ。
敍情的で繊細な映像美で愛されてきたユンソクホPDのドラマは初恋の切なさ、純愛的愛を描いて一貫した色を守ってきた。
愛の雨は、単純な純愛を超えた時代を超越した愛を描いた。
チャングンソク、ユナに加えて、2人の中年の姿を演じるチョンジニョン、イミスクのメロ演技も注目に値する。
バランス感覚のある愛非キャスティングは、様々な世代の視聴者が関心を持ちそうな要件でもある。
しかし、ひたすら安心はできない。
ユンソクホPDのドラマが持つ吸引力は、新派と大衆性の間にとどまっている。
郷愁を刺激する叙事と感性的な演出は、多くの視聴者たちの涙腺を刺激したが、それが必ずしもドラマの成功につながるわけではない。
最近ブラウン管を掌握したのは、フュージョン時代劇やコミックロマンスなどピョンピョンとはねる新しいジャンルのドラマだった。
このような状況で真剣で切ない正統メロが多くの視聴者をひきつけることができるかは誰にも断言できない。
四季シリーズの最近作韓国ドラマ、春のワルツが前作に比べて不振な成績をおさめたという点もこれを裏付けている。

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演の愛の雨はユンソクホPD式メロで呼応を得るのか?

愛の雨、チャングンソク、ユナ主演の愛の雨はユンソクホPD式メロで呼応を得るのか?

愛の雨が男女アイドルスターの力量をきちんと発掘したユンソクホPD式名品メロの系譜を継ぐのか関心が集まっている。
個人的には、フュージョン時代劇やコミックロマンスなどピョンピョンとはねる新しいジャンルのドラマの中で、昔ながらの物静かな流れを持つユンソクホPDのメロドラマにも勝ち目はあると思う。
長い時間、愛の雨を待っていた視聴者にとって、チャングンソクの主演、ユンソクホPD、オスヨン作家と言う組み合わせは見逃せない理由になるだろう。
韓国ドラマ、愛の雨は3月26日夜9時55分に初放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ