ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソクユナ、ロマンチックデート予告

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソクユナ、ロマンチックデート予告

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソク、ユナに告白“息が止まると思いました”

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告の内容が公開されて話題を集めている。
映画みたいな映像と、1970年代に純粋だったかすかな初恋の記憶を呼び起こして、視聴者たちの視線をひきつけているKBSの新しい月火韓国ドラマ、ラブレイン(演出:ユンソクホ/脚本:オスヨン/製作:ユンスカラー)のチャングンソクとユナがロマンチックデートを予告して視線を集中させている。
去る27日に放送されたラブレインあらすじ内容では、MTにために旅に出たセラヴィー6人組の姿が描かれた中、インハ(チャングンソク)の自作曲、ラブレインの中の彼女の正体を聞く仲間たちに“言うよ”と言って、自分の心を告白しようとするインハの姿が視聴者たちの注目をひきつけたはずだ。
4月2日放送されるラブレイン3話では、インハ(チャングンソク)とユニ(ユナ)のロマンチックなデートが予告されて視聴者たちの期待を集めている。

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソクユナ、ロマンチックデート予告

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソクユナ、ロマンチックデート予告

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告の内容では、古い劇場の前で向き合うことになったインハとユニ、お互いへの気持ちをこれ以上は隠せない二人の切ない再会が目を引く。
二人の再会は、黄色い傘の中で、映画ラブストーリーを一緒に見ようと約束した二人だけの約束がいよいよ行われインハとユニのロマンチックなデートに開始を知らせる予定だ。
ユニの手を離すしかなかった切なさいっぱいだった大学校際のフォークダンスとは違い、ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告の内容では、インハが先にユニにダンスを求めて、幸せなフォークダンスで名場面を予告している。
特に、インハとユニのデートはここで終わらず、浜辺デートで二人のロマンチックなデートの頂点をとって視聴者たちをときめかせる予定だ。
韓国ドラマ、ラブレインのチャングンソクがいよいよユナに嵐の告白をする。
韓国ドラマ、ラブレインで初めての恋熱を病んでいる70年代のイケメン美大生ソインハ(チャングンソク)がいよいよ彼が3秒で惚れたキムユニ(ユナ)に3秒で終わらせなかった愛を告白する。

ララブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソク、ユナに告白“息が止まると思いました”

ラブレインあらすじ、ラブレイン3話予告あらすじ、チャングンソク、ユナに告白“息が止まると思いました”

4月2日放送される韓国ドラマ、ラブレイン3話では、セラヴィー6人衆と一緒にMTに出て爆弾宣言をしたインハが川辺に一人でいるユニに“息が止まると思っていました”と言い、彼女の心を詰まらせた同時に、“初めて出会った日から私の風景は、あなたでした。”と自分の熱い心を取り出して見せて隠すことができない愛を表現し始める。
特に、自分のスケッチ旅行に訪れたユニとの幸せな浜辺デートでインハは、“私もあなたの毎日を一緒にしたいです。そうのように長い間一緒にいたい”と自分の心をより一層大胆に表わす。
このようにインハの本音があらわれてインハが今後ユニと切ないロマンスを継続できるか視聴者たちの関心が増幅される見込みだ。
韓国ドラマ、ラブレインの製作会社ユンスカラーの関係者は“ユンヒとすれ違うばかりだったインハがユニに自分の気持ちを正直に告白する決定的な場面がラブレイン3話を通じて、大挙登場する。インハの告白にインハとユンヒ、そして、イドンウク(キムシフ)三人の関係はまた異なる局面に入るようになる予定だ”と伝えた。
一方、1970年代の純粋な愛の物語と、2012年のスピード感のあるトレンディーな愛の物語を通じて、一つのドラマの中で一味違う二種類の愛の物語で視聴者をひきつけるKBS韓国ドラマ、ラブレインは、毎週月、火夜9時55分から放送される。
ラブレイン3話、インハの告白とインハとユニの甘いデートが描かれる場面が盛られたラブレイン3話は4月2日の放送を予定している。

ラブレイン2話でチャングンソクのユナへのラブソング、ラブレイン作詞はユンソクホPD

ラブレイン2話でチャングンソクがユナとの出会いを描いたラブソングを歌って大きな話題を集めている。
チャングンソクが歌ったラブレインはユンソクホPD作詞の作品であることが明らかになった。
高速、スピーディーな愛の方法とは異なる、展開は遅いからこそ、よりときめく70年代初恋の感性を美しく描き出しているKBS 2TV韓国ドラマ、ラブレイン(オスヨン:脚本、ユンソクホ:演出、ユンスカラー:製作)の中のアナログ感性を刺激する音楽が話題を集めている。
ロマンチックな70年代の大学キャンパスを中心に、その当時にのみ存在していた様々な小物や背景で中高年層の郷愁を刺激している韓国ドラマ、ラブレインで、アナログ感性をぷんぷん感じさせてくれているBGMが放送直後ネチズンの熱い関心を受けてお問い合わせが暴走していること。
かすかな初恋の感性と70年代だけロマンチックな感じをさらに倍増させる韓国ドラマ、ラブレインの背景音楽の中で、当時のセシボンに似ているセラヴィー3人、チャングンソクとキムシフそして、ソイングクがギターを弾きながら歌った70年代の曲の反応が爆発的だ。
ソイングクがセラヴィーの喫茶店で素晴らしく歌ったツインフォリオの私たちの話、大学校際の舞台でセラヴィーの3人が歌った祭りの歌をはじめとする、鯨狩り、wholl stop the rainなどの歌を俳優たちが直接ライブで消化して、より一層話題を集めている。
また、27日に放送された韓国ドラマ、ラブレイン2話で、アナログ感性を適切に伝えた要素は、ラブレイン2話中、ソインハ(チャングンソク)が3秒で惚れた彼女ユニ(ユナ)との雨の中の思い出を込めた自作曲、ラブレインだった。

ラブレイン2話でチャングンソクのユナへのラブソング、ラブレイン作詞はユンソクホPD

ラブレイン2話でチャングンソクのユナへのラブソング、ラブレイン作詞はユンソクホPD

チャングンソクがギターを弾きながら歌った歌、ラブレインは、ユニに向かった純愛、愛の心と70年代のギター音楽のおぼろげをそのままお茶の間に伝えた。
チャングンソクとユナのラブソング、ラブレインは、ユンソクホ監督が自ら作詞に参加し、“傘の中で彼女と二人で歩いた。雨の中で聞こえた君の声は白くつぶれて降りて私の心の上に座った。傘の中でその時、二人で歩いた。”というかすかな歌詞で初恋の純粋な感情を一つの詩のように盛って、インハとユニの愛をより一層切なく聞かせた。
この他にも映画、ラブストーリーのテーマ、ユンヒョンジュの道端に座って、片思いなどとイジャンヒのあの子と俺とは、インハとユニのギター店でのシーンで歌われたone summer night、テニスのシーンでのbeautiful Sundayなどが流れ出て耳をしっとり濡らしてくれた。
また、ナオトクヘ(私はどうしたら良い)、dizzy、長い髪の少女、なぜ呼ぶ、honey honey、the letterなど70年代の韓国で流行っていた歌が大挙登場して背景音楽ばかり聴いていても韓国の7080世帯を思い出の旅行に案内した。
韓国ドラマ、ラブレインのイイム音楽監督は“若い視聴者たちの熱い関心に驚いている。背景音楽がラブレイン独自のアナログ感性を中高年層はもちろん、現世代の視聴者たちにまでもよく伝われたようだ。今後、残りの70年代の分量の音楽も期待しても良いだろう”と念を入れたバックグラウンド·ミュージック(BGM)の愛情を表わした。
一方、1970年代の純粋な愛の物語と、2012年のスピード感のあるトレンディーな愛の物語を通じて、一つのドラマの中で一味違う二種類の愛の物語で視聴者をひきつけるKBS韓国ドラマ、ラブレインは、毎週月、火夜9時55分から放送される。
ラブレイン3話、インハの告白とインハとユニの甘いデートが描かれる場面が盛られたラブレイン3話は4月2日の放送を予定している。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ