ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの幸せな瞬間と切ない別れ

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの幸せな瞬間と切ない別れ

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない別れ

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話では、世界で一番幸せな時間を過ごすチャングンソク(ソインハ)とユナ(キムユニ)の姿、そして、世界で一番切ない別れの瞬間が描かれた。
お互いに会いたい気持ちを隠せなかったインハトユニは素直にお互いを求めて走り始める。
インハとユナの目に映っている、夜の風景はインハであり、ユニであった。
ラブレインあらすじ、ラブレイン4話で、インハとユニは最も幸せな時間を過ごして離れたくない気持ちを後に家に帰る。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの幸せな瞬間

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの幸せな瞬間

インハはラブレインの歌を完成させて、ラジオ公開放送日にユニに聞かせることを思い笑みを浮かばせる。
しかし、キムユニはソインハとイドンウク(キムシフ)の間で揺れていたと言う噂が広がって学校内で良くない噂の主人公になり苦しんだ。
お互いの愛を確認したソインハとキムユニは友達から無視された。
ドンウクはインハにテニスラケットを渡してゲームをしようと提案するが、インハはドンウクが投げるボールを全身で受け止めていた。
これを見たチャンモはドンウクに走って行ってドンウクを止めようとするが、ドンウクの裏切られたと言う激しくなった感情を防げる人はどこにもいなかった。
ドンウクとインハがテニスコートで試合をするという話を聞いたユンヒは、テニスコートに走って行く。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの苦しい瞬間

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの苦しい瞬間

3日の夜放送されたKBS韓国ドラマ、ラブレインあらすじ、ラブレイン4話で、インハ(チャングンソク)とユニ(ユナ)の愛を止めようとしていたヘジョン(ソンウンソ)は、ユニに失われた日記帳を差し出した。
ラブレイン4話のこの場面は、インハにとっては別れの理由になり、ユナにとってはインハと別れる口実になるシーンだ。
ヘジョンは、“本当の二人が運命だと思ったのではないだろうな?”とユニに向かって“消えてほしい”と毒舌を吐いた。
インハが自分の日記帳を持っていたことを知ったユンヒは席を立ち、インハはそのようなユニを追って行き後ろから抱きしめる。
しかし、ユニはインハを押し出して消える。
ユニは部屋の中で取り戻した日記帳を見て、インハとの思い出を回想する。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない瞬間

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない瞬間

しかし、最後のページにはインハがユニに書いておいた文章を見ることになる。
その文章には“あなたに遇わせてくれたこの日記帳に感謝している。いつか返す日を思いながら、卑怯だけど言い訳を書き留めておく。私の心は本気だったことを理解して欲しい。”と書かれていた。
インハは、ユナの部屋の窓から雨に降られて許しを願っていた。
インハは“悪いことなのは分かっていたが、日記帳を通じてユニさんを理解できるようになり嬉しかった。私の心はすべて本気だったから、信じてくれ”と窓の向うにいるユニに頼んだ。
この時、ユニは雨に打たれ、自分を待っているインハに走って行こうとしたが、止まらない咳が彼女の足首をつかんだ。
さらにハンカチは赤く染まっていた。
ユニは手のつけようがない深刻な結核であった。
韓国ドラマ、ラブレインあらすじ、ラブレイン4話でインハとユニの別れに原因は思っていた通りユニの病気だった。
結局、キムユニは、休学届けを出した。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない瞬間

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない瞬間

健康状態も良くなく、自分を取り巻く噂と視線が負担にかかっていた。
何よりも、自分が病気であることでインハに重荷を持ったらしくなかった。
その後、キムユニは、祖母の提案を受け入れ、親戚がいる米国に渡り治療に専念することにした。
ユニの休学のことを知ったインハはユニがいる田舎に向かうが、駅でドンウクが待っていた。
ドンウクはインハに必ずユニ連れ戻して来てと頼んで初恋を終えた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない瞬間

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない瞬間

ユニは、自分を探して田舎まで訪ねてきたインハ(チャングンソク)に会った後にも、自分の心を隠してわざと冷たく接した。
さらに、“本当に好きではなかった。”と嘘を言った。
インハはラジオ公開放送にぜひ来て欲しいユニに最後のお願いをして涙を流し、慌てて席を蹴飛ばして出たユニも後ろを向いて涙を流した。
アメリカ行きを決心したユニは、インハを許したとは言えないけど、最後としてインハに会うためにラジオの公開放送を尋ねた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの歌ラブレインのラジオ公開放送

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの歌ラブレインのラジオ公開放送

ラジオ公開放送が行われるホールでユニの姿を見たインハは、明るい笑顔と一緒に最善を尽くしてユニへの心を込めたラブレインを熱唱した。
ユニはインハのラブレインの舞台に拍手を送った。
しかし、舞台が終わるや否や、インハは違法の書籍を持っていた友人キムチャンモ(ソイングク)を下宿の部屋に入れたことで、警察に逮捕されてユニは、突然の痛みを訴えて倒れる。
このように、インハとユニは空虚な別れに直面した。
倒れたユニを病院に移したイドンウクは、ユニが結核にかかって米国行きを決心したことを知ったが、ユニの頼みでインハには秘密とする。
インハはしばらく拘置所にいてすぐに軍入隊をすることになった。
ユニは、米国行きを知らせる手紙と一緒にプレゼントでもらった腕時計を、イドンウクを通じてインハに渡した。
二人はユニの病気が原因で一緒に過ごすことができない運命に置かれ、ユニは最後にインハへの手紙を残した。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクへのユナの別れの手紙

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクへのユナの別れの手紙

韓国ドラマ、ラブレインあらすじ、ラブレイン4話で最も悲しかった場面はユニの手紙を読みながら、ごめんと言う言葉が無いから二人の愛は終わってないと信じていたいインハの涙だった。
ユニの手紙には“ありがとうございました。あなたと…幸せでした”と言う別れの手紙だけを残したまま去った。
ドンウクは、インハを乗せて出て行く列車にキムユニが病気だという事実をインハに知らせた。
幸せと悲しみを同時に持ったラブレインのよいうな二人の切ない初恋の人は列車と一緒にかすかな思い出の彼方に記憶される最後のページをめくらなければならなかった。
ユニは完治した後、米国から帰国してインハにすべての事実を打ち明けるつもりだったが、結局二人の再会がなされないまま、ラブレイン4話の最後の画像には、時間が現代に変わっていた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの別れ

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの別れ

インハの涙と一緒に最後の70年代の記憶の列車が去ってかすかな列車の形を残していた時、2012年の列車が、ラブレインの中のチャングンソクの1人2役、ソジュンとユナの1人2役と共に登場して、70年代の残念な余韻と2012年の新しいときめきを交差させ、現代の分量に対する期待感がより一層増幅されている。
現在の最初のシーンは、写真家ソジュン(チャングンソク)が、日本の列車の中で写真を撮る姿にだった。
列車から降りてスタッフたちと一緒にプラットフォームを通りがかったジュンは、急いで歩いていたチョンハナ(ユナ)と肩をぶつけた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない別れと再会?!

ラブレインあらすじ、ラブレイン4話、チャングンソクとユナの切ない別れと再会?!

瞬間的にお互いを見つめて目が合った二人。
ハナは、日本語ですみませんだと頭を下げて、ジュンは“一、二、三”の数字を数えて、まるで70年代のインハとユニの最初の‘3秒の出会い’を思い出させた。
ラブレイン4話の最後の部分では、現代を背景にインハの息子であるソジュン(チャングンソク)とキムユニの娘であるチョンハナ(ユナ)が初めての出会いを持ち、ラブレイン5話からの第二幕の展開に興味を集めた。
韓国ドラマ、ラブレイン視聴者は放送後関連掲示板を通じて“ソインハとキムユニの別れのシーンで切なかった。”、“今日のラブレイン4話を見て、本当に泣きそうになった。なぜ視聴率が出ないの?”、“インハとユニの別れがあまりにも悲しい。ソジュンとチョンハナの愛は必ずハッピーエンドであるように…”、“インハとユニを離したくない。惜しくて涙が・・・”、“3秒カップルが惜しくて2012年チャングンソクとユナの愛も継続して応援する”、“2012年版に変わって、また新しいドラマを見ているような感じ。”、“チャングンソクとユナの完全180度変身した1人2役も期待される”などの反応を見せた。
韓国ドラマ、ラブレイン製作会社ユンスカルラのある関係者は“遅すぎるけど青々しくて純粋だからより胸のときめきを抱かせたインハとユニ、二人の70年代初恋の切ない終わりが彼らの2012年の姿で登場するチョンジニョンとイミスクの愛をもっと切なく描くことになるだろう。愛の純粋な本質を描いた70年代があるので、2012年がより輝くだろう”と言いながら“70年代ユニとインハと、セラヴィー6人衆の胸がじいんとする心を持って、新たに登場する2012年の話にも多くの声援をお願いしたい”と悔しさ半分期待半分の心を伝えた。
一方、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによればこの日放送されたラブレイン4話視聴率は全国基準5.3%に、ラブレイン3話4.4%に比べて0.9%P上昇した。
チャングンソクとユナがインハとユニ役からソジュンとチョンハナ役に変わるラブレイン5話は9日午後9時55分放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ