ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

ラブレインあらすじ情報?ラブレイン8話あらすじとレビューネタバレ画像あり
ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話の内容は、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュンと書ける。
チャングンソク(ソジュン)は自分なりに告白をするが、その言葉を理解できないユナ(チョンハナ)!
ここからは、ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュンです。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

屋台の前で雨宿りをするソジュン(チャングンソク)とチョンハナ(ユナ)、二人を見ると、“お前らどうしてこんなに可愛いの?”という言葉が飛び出てくる。
“私たちここで終わらせて最初からやり直そう”、“最初から気になっていた”、“私が君を好きなようだ”、あ~~本当に可愛い純粋な少女、チョンハナの鈍感さで狂いそう。
なんと三度の告白の末に、ソジュンの気持ちに気が付いたチョンハナ!
次回では、また気の利かない可笑しい言葉でソジュンを困らせるかも知れない鋳鉄の神経の持ち主、チョンハナが心配だ。
チョンハナ!ソジュンが君の事を好きなのは間違いない!

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

ソジュンが連打で三回の見栄っ張り言葉と三度の告白でフィルモグラフィーが台無しになってしまったが、冷たい表情より可愛い抜け面のある行動がもっと魅力的なチャングンソクだった。
チャングンソクとユナの甘いケミ(化学反応)は可愛いカップル画報のようだった。
特に、ユナ画報撮影場面は、目がピョンピョン回るほど綺麗なものだった。
フォームを作って、肩を立ててカメラのシャッターを押すチャングンソクの素敵なフォトグラファーの姿は言うまでもない。
男は自分の仕事にはまっている時、一番素敵に見えてセクシーだという点で、チャングンソクを見たらその言葉浮かんできた。
チャングンソクとユナの演技は、ますます好感上昇魅力ぷんぷん可愛いものだ。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュン

ハナの部屋を探して同行をするソジュン、やり直そうと言ってこれからはちゃんと優しくすると言ったはずなのに、その言葉の意味を知らないハナのせいでジュンは気が狂いそうだった。
“どうしたの?なぜ優しくしようとするの?”、“なぜそうすると思うの?”、好きだからと言いそうになったタイミングを正確に合わせて鳴る電話ベル!
“ピョロロン電話が来ました”、ハナの携帯電話の着メロを聞く度に大当たり!
ラブレイン8話では、堂々と愛の告白を邪魔するお邪魔無視?もちろんソジュンにとって。
なぜずっと付いて来てはくずくず言っているかと言うハナにソジュンは再び告白してしまう。
“君は馬鹿か?私、かなり高くって忙しい人だ。なのに、私がなぜ君を追いかけているのか、未だに全然知らない?”ところが、また携帯電話が鳴る。
“ピョロロン電話が来ました”、二度目の告白も失敗だった。
テソン先輩の電話を受け取らないハナを見て、ソジュンは嬉しい笑みを浮かばせる。
“振られたか?振られたね・・・”だから、チョンハナとそいつは何の関係でもないってことだ、早く告白しようと思ったソジュンはずるずると長い告白をする。
“私がやり直そうと言っただろう?優しくすると言うことは、私が君を気にしている話だろう。最初から気になった。韓国へ戻って来ても思っていたし、再会した時もそうだし、今も気になる。”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクの告白

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクの告白

気になるという言葉が好きだという言葉の意味を含んでいることを知らないハナ、アメリカと日本で長い時間を過ごしたからそうなのかと思った。
続くハナの言葉にはっ!って思うソジュンだった。
どこにこんな無神経な子いるのか、完全にビックリして当惑い、少し恥ずかしい等など、ソジュンの心境はそうだったはずだ。
“だから、なぜですか?”、本当に気が狂いそうなジュン!
なぜってなぜなの?好きだからそうなんだ!この鈍感なハナ!
完全きまり悪くどうすれば良いのか分からなくなったソジュン、“まあ・・・それはよく分からないけど、それを知るまで君を僕のそばに置いて見るつもりで・・・”。
いよいよ理解しただろうと思ったソジュン!
告白して恥ずかしくなったので、先に帰ってしまう。
道の角を回ってハナの視野から離れたジュンは、“うわー!完全かっこいい”、自画自賛、自分で自分に惚れることも忘れないソジュン、かなり錯覚に陥った。
ハナは、結局、何の話なのか理解していないのに・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ