ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソク恋は嫌でも運命は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソク恋は嫌でも運命は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話の内容はチョンハナ(ユナ)の片思いの終わりと恋の始まり、ユニ(イミスク)とインハ(チョンジニョン)の再会は運命?そして、ソジュン(チャングンソク)とハナ(ユナ)の再会の意味が主な内容になります。
ラブレインあらすじ、ラブレイン7話は、愛を信じないチャングンソク(ソジュン)と母のような美しい愛を夢見るユナ(チョンハナ)の対照的な愛が描かれています。
韓国ドラマ、ラブレインでは3秒と言う言葉の意味は運命を意味して、ラブレイン7話においても運命がキーワードになります。
ここからは、ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、気恋は嫌だ!!です。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、恋は嫌だ!!

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話で、ジュンは拒否していたが、運命の愛は既に始まっていた。
ハナの電話を受けないソジュン、二回も他の人について去ってしまったハナのせいだった。
父のように初恋を忘れられず苦しむことになるかと思い怖いから。
母のように初恋を離す事ができず、酒に頼って、振り向いてくれない人にしがみついて、見っとも無い姿になるのが怖くて。
自分を振り向いてくれない人だけを、捜し求めるようなるのが怖いソジュンだった。
父と母のように・・・
モデルをしてくれるとスタジオを訪ねてきたハナが再びソジュンを揺らす。
無邪気で馬鹿なことに、広告主に首になるのが心配でソジュンを助けるために来たこと今違いないハナ。
ルルル愚かな女は、最初からそうだった。
携帯電話を捜し求めて、生まれてはじめて見る人とダイヤモンドスノーを見に山に一緒に登ってくれて、寒気に震えるジュンのために温泉を見つけてくれて、待ってという言葉に寝ずにホテルで待っていたような女性だった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソク恋は嫌でも運命は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソク恋は嫌でも運命は?

卑劣な言葉で傷つけて泣かせても、その愚かで純真な女性は、広告主に首になる状況ならモデルになると言う。
ハナは押し出そうとスタジオから追い出しても、雑草を抜きながらソジュンを待っている愚かな女だ。
ソジュンは他の人がそばにいることを知っているからこそ、熱心に押し出そうとするのにも関わらず、何度もソジュンの心に入ってくるチョンハナ、もう、押し出しはやめることを心に決める。
もう、愛に全身が濡れてしまっていることを知ってしまったソジュンだった。
ソジュンを待っている間、ハナいいえ、ユナがスタジオの外でモデルポーズをまねる場面で可愛い魅力を発散したが、どんなに可愛かったのか?!
ユナの可愛くて溌剌な演技は毎回驚かせる。
感情演技も良くて、表情の演技も良くなったユナに付き惑っていた演技下手という修飾語はもうバイバイ!
かなりやせて割り箸のようなユナだが、個人的にはグラマーなスタイルだけで演じる俳優よりは、やせたスタイルだけど自分だけの魅力をアピールしようとするユナの自然な演技が良かった。
ハナというキャラクターと演技に没頭して努力するユナが綺麗に見えた。
ちょっとやせ過ぎで可哀想な感じもあるけど・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、ユナの魅力発散?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、ユナの魅力発散?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、インハとユニの再会は運命?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話で、ソインハとユニの再会が描かれた。
いよいよインハとキムユニが再会をしたが、心臓が止まるように緊張しながらもバクバク躍らしたこの感情は何なのか。
黄色い傘を持って歩く中年のきれいなユニ、黄色い傘の中の女性は彼女だった。
32年間、忘れることができず、胸を切り離すような切なさで追憶してきた初恋の彼女、キムユニ。
死んだと思っていたユニを見たインハの心がどうだったかを考える暇もなかった。
チョンジニョン、鬼に惚れたように切迫に全てがキムユニ(イミスク)にだけ視線を固定させて雨の中を走る、その表情一つですべての感情を見せた。
時間も世の中もすべて停止したように、唯一、キムユニとソインハだけが動いているような錯覚に陥った。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、イミスク チョンジニョンの再会

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、イミスク チョンジニョンの再会

ユニの前に立ち向かったソインハ、32年の歳月が流れたということが感じられなかった。
相変わらず有効な愛、今もときめく心、その感情がそのまま伝えられていた。
イミスクとチョンジニョンの節制された表情に感嘆の声が出てきた。
時間を遡ってそのまま過去の感情をつなぐ二人の俳優の姿は、演技ではなく、愛だった。
瞬間、二人が過去、悲しく別れた本当の恋人ではなかったのだろうかと思う錯覚さえ起こしたから。
“間違いないですか?”
一つの文章にこんなに多くの感情を入れるなんて、チョンジニョンにも驚いた場面だった。
実際、チョンジニョンがメロ演技をすることは一度も見たことがなくて、中年の愛がどのように描かれるか、いかにも気になっていたが、このように吸引力を強く視聴者の感情を振り回すとは想像もできなかった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、イミスク チョンジニョンの再会

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、イミスク チョンジニョンの再会

二つの意味の感嘆の声が自然に出た。
ソインハとキムユニ、二人のかすかな初恋を充血していく目の演技だけでそのまま復活させる二人の俳優の素晴らしい感情演技に感嘆の声が出て、その裏に悲しい雨のように降る胸がしびれる切なさのため悲しい感嘆をもたらせた。
何か分からない切なさに涙を誘うイミスクとチョンジニョンの演技は、やはり言葉は必要ない。
ソジュンとチョンハナの明るくてトレンディーな愛に比べて重く描かれるだろうと思っていたが、重さ以上の感情を感じさせた。
五十を超えても色褪せていない感情、愛は年齢がないという話を実感したというか。
愛がもっと深くなったという感じさえもたらせて、このカップルを応援したいという混乱も同時に感じた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソク恋は嫌でも運命は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソク恋は嫌でも運命は?

ドラマが開始され、ずっとどの愛を応援すべきか不安が襲ってきてきたが、不安感が現実に現れた感じだ。
ソジュンとハナの愛がきれいなら、インハとキムユニの愛は美しいと言える。
ソジュンとハナの愛がドキドキワクワクするなら、ソインハとキムユニの愛はドッキンドッキンと切なくしびれる。
屋台のテントで雨宿りをするソジュンとハナ、黄色い傘を持って現れた初恋ユニと再会したインハ、二世代が同時に降ってきたラブレインはどんな名前になるだろう?
次回のラブレインあらすじ、ラブレイン8話をお楽しみに・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ