ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、ユナの片思いにバイバイ

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、ユナの片思いにバイバイ

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話の内容はチョンハナ(ユナ)の片思いの終わり、ユニ(イミスク)とインハ(チョンジニョン)の再会、そして、ソジュン(チャングンソク)とハナ(ユナ)の再会が主な内容になります。
韓国ドラマ、ラブレインはチャングンソク主演と言うことで日本では高い人気を表わしているが、韓国においては視聴率が低くて俳優たちも監督も困っているそうです。
2世代韓流ドラマブームの先頭に立っている美男(イケメン)ですねで主演を演じたチャングンソクだが、チャングンソクと言う俳優は韓国よりは日本において高い人気を得ているのは事実!
ラブレインでは3秒と言う言葉の意味が深くて、ラブレイン7話においても3秒がキーワードになります。
ここからは、ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、初恋と再会3秒です。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、初恋と再会3秒

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話で、最も素晴らしい画像は初恋に再会する中年になったインハとユニの場面だった。
韓国ドラマのラブレインに登場するイミスク、チョンジニョンと言う二人の中年俳優の内攻は凄いものだった。
32年ぶりに再会したキムユニとソインハ、二人の切ない初恋の感情を短い、画面一つにそっくり記憶させた、いやそれ以上の切実さを表現した俳優たちの力が凄いと言うしかない。
インハとユニがどのような姿で再会をするかについてずっと考えていた。
途絶えてしまった過去の感情が生き返るか、そのしっとりしたラブレインの余韻を二人が継続することができるか、一言で杞憂だった。
むしろ、32年前よりも切なくて切々と迫って来て、愛という二つの顔の名前がもっと濃くなった感じだった。
残念ながら別れなければならなかった二人、年齢とともに外見は年月を背負ったが、トキメキは32年前と同じだった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、イミスク チョンジニョン

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、イミスク チョンジニョン

長い時間が過ぎて今は思い出という名で胸の片隅に置かれた愛、あまりにも純粋な色を持っていたので色あせもしてない愛が、32年を経て再び始まっている。
決して終わらないような繰り返しが続く曲のように、悲しみと幸せの名前を持って再び・・・
ラブレインと共に・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソクとユナの恋の始まりはトラブル?

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話では、恋の始まりを知らせるジュンとハナのトラブルが描かれた。
ジュンのスタジオを訪ねて行ったハナはジュンから再び、面と向かって冷たい言葉を浴びて追い出される。
冷たいソジュンは、ハナの顔を許可なしで利用したことに対して謝罪の言葉もなく、高慢で冷たく接する。
“道端に自分の顔が転がって踏みにじられているのに、嬉しい人がいますか?誰か見たらどうする・・・”、日本でハナ連れ去るテソンを思い出したソジュン、心に傷を負う。
“1秒も見たくないと言っていたのに、なぜ来たの?”、そんな話をするつもりはなかったのに、心にもない言葉がポンと飛び出る。
涙をのんで立ち去るハナがずっと気になるソジュンだった。
広告主を訪ねて問い詰めるソジュン、ハナをモデルとして使いたいという広告主の言葉を一言で拒絶してしまう。
なぜそう言ったのかソジュン自信も知らない。
ハナの顔があちこちに商品のようになるのが嫌なソジュン?
 

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソクとユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソクとユナ

他のフォトグラファーに広告を与えるという言葉でハナに会うため植物園に行くソジュン、他の奴がハナをカメラに収めることが我慢できないようだ。
無邪気で何でも信じてしまいやすいハナが浮気者に振り回されることを心配するソジュン、なぜかは分からないが、だだハナが自分以外の人のカメラレンズに入れられるのが嫌だ。
ハナを見た瞬間ソジュンは直感的に感じる。
この女を愛するようになることを、いいえ、もう既に恋に落ちている運命のような・・・.
長い間片思いしてきたテソンに許嫁がいたことを知ったハナは衝撃で呆然となり涙を流しているハナの前に、また嫌なやつが現れた。
“君が私の運命のようじゃないの?”だしぬけに投げるソジュンだった。
“私はバボモンチョンイ(馬鹿)で間違いないかr、なぜ来たのかを言って”とし、ハナはまた涙を見せる。
“ごめん。ごめんね”、初めて謝罪の言葉を言ってみたソジュンだった。
なんだか謝らないといけないような雰囲気を感じたソジュンだった。
この無邪気で愚かな子が自分のせいで泣いているようで。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソクとユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、チャングンソクとユナ

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、“君、私のモデルしない?”

実際には本当にソジュンはハナをモデルにしたかった?
広告主が他の人に広告の撮影を任すと言ったから、自尊心に傷を負い来たとの説明を加えるが、プロモデルではない人物の写真を初めて撮ったソジュンにハナは、彼だけがカメラで撮りたいモデルだった。
艶がない自尊心のせいで告白はできないけど。
だから、絶対できないと思っていたごめんと言う言葉を生まれて始めて口にしたことで。
“3秒以内に答えて”、3秒が経つ前に、ハナはテソンと去って行こうとする。
“君、再び私を捨ててあいつを選択すると、本当に終わりだ”と、ジュンなりに告白もしたが、冷酷に手を抜いて去ってしまおうとハナだった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、ユナとキムヨングァン

ラブレインあらすじ、ラブレイン7話、ユナとキムヨングァン

“モデルするよ!、今日はこれで帰ってください。連絡します。”再び振られてしまうソジュンだった。
プライドが天を刺すようなソジュンが・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ