ラブレインあらすじ情報?ラブレイン8話あらすじとレビューネタバレ画像あり!ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ情報?ラブレイン8話あらすじとレビューネタバレ画像あり
ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話の内容は、胸をときめかせるソジュン(チャングンソク)の告白である。
好き!って言えずに、好きなようだ?
ユナ(チョンハナ)はこれでも理解できない?!
ラブレインあらすじ、ラブレイン8話では、ユナを思うソジュン、そして、片思いに別れを告げたハナ(ユナ)の姿が描かれています。
ここからは、ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”です。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

画報の撮影をしに来たハナ、サイズ二倍くらい見えるジャンパーを脱いできれいな服を着たハナを見たソジュン、目にハートがピョンピョンと刻まれていた。
とてもきれいなハナを他の人が見るのも嫌なのでアシスタントも追い出してしまったソジュンだった。
表面上は仕事をするのに、うるさいと言うのが言い訳のようだったが、ハナを一人でカメラに盛りたいと思ったソジュン。
ハナ、彼女はとてもきれいだった。
ソジュンのカメラが長い間、待ち望んでいた彼だけのモデルのようだった。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

もちろん、ソジュンの自画自賛は止まらなかった。
働く室長が素晴らしいという助手オスンユンの言葉に、肩に力を入れて。
硬かったハナは、ハナが自ら選んだ服を着ると表情が自然になって、結構もっともらしいモデルポーズも取ってみる。
早く終わったと言うハナの言葉に、間違いなく、ジュンは自画自賛を始める。
“私はこんなにすごい人なんだ”。
ソジュンの言葉に表情を固めたり笑ったりとありのままの感情を表わすハナがソジュンにとっては世界で一番きれいに映っていた。
ハナの表情は生きているからきれい。
“君、本当にきれいだ”、ソジュンの心からの言葉だった。
驚くハナの表情を瞬時にカメラに撮るソジュン、“驚く表情一つ追加”、チャングンソク、こんなに何度も魅力を発散して女性の心を揺るがすと駄目!

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

画報の撮影を終えて出て行くハナにきれいな服を着てとまたにくい言葉を口からこぼしたソジュンだった。
日本ではひどいファッションだと言って傷つけて。
隣にいたドンウクがきれいだとハナの肩を持つと、直接撮ってどのように変なのかを見せてあげるとカメラを持ってハナに近付くソジュン、だが・・・ドキドキ トッキントッキン・・・カメラのシャッターを押すことができない。
カメラを見て微笑を浮かべるハナを見て心臓が止まってしまったソジュンだった。
シャッターさえ押せないほどに。
ボーとしているソジュン、なんと言ってハナを帰らせたのか、ハナが出ていてから気が付いた。
“機会があれば会うかどうか”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ハナを追い掛けて行ったソジュン、鈍感なハナがその言葉をありまま受け取るのではないかと心配だった。
“私が言った言葉だけど・・・”、“あ、横に置くという言葉?その言葉を忘れて欲しいって?!”、“気にしないでください。どうせ私も気にしないから。既に、私はすべて忘れてしまったから心配しないで”。
ソジュンがいらいらして病気にならないのが幸いだ。
代わりに他の病気が訪ねてきけど。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ハナの写真を見てにやにや笑うと、とうとういないはずにハナが見えてきたソジュンだった。
ここもハナ、そこにもハナ、世界中にハナだけ見えてきた。
これが愛のようだ。
仕事中のハナの写真から目を離せないソジュンだった。
ノートパソコンを畳んでもいつの間にかもうハナの顔を探してノートパソコンを開いて見ているソジュンだった。
ソノが出したハナの部屋の契約書、運命のはずだ。
会えないと狂いそうになってきたソジュンだった。
夜道を走って植物園に行ったソジュン、ハナを飲み込むような視線を固定して告白する。
きちんと回さないで直接的に、そうしないと理解できない馬鹿だから。
続く言葉に胸がどんなにときめいたのか、キヤ~悲鳴を上げてしまった。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”

“よく聞け!たった一度だけ言うんだから・・・僕は君が好きなようだ”。
よく聞け!ソジュン(チャングンソク)、一度だけ言うから・・・“チャングンソクの演技、ソジュンのキャラクター本当に素敵!完全かわいい”
ユナも演技よし、チョンハナも本当の愛しい。
ソジュンが惚れないと異常ではないかと思えるほど爽やかな無公害の少女だ。
ソジュンとチョンハナ(チャングンソクとユナ)、とてもきれいなカップルだ。
二人を見ていると、恋をしたくなる。
押したり引いたりして、条件を天秤にかけるような愛ではなく、いきいきとしてさわやかな植物園の健康な緑の葉のようにそのようにさわやかで可愛い。
ソジュンとハナは、2012年、きびしくて困窮した青春にどのような愛の歌を聞かせてくれるだろうか?
本当に胸がドキドキと走り始めた。
次回は、ラブレインあらすじ、ラブレイン9話をお楽しみに・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ