ラブレインあらすじ情報?ラブレイン8話あらすじとレビューネタバレ画像

ラブレインあらすじ情報?ラブレイン8話あらすじとレビューネタバレ画像
ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクVSユナの3秒

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話は3編になっております。
ラブレインあらすじ、ラブレイン8話は1編は、ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクVSユナの3秒です。
ラブレインあらすじ、ラブレイン8話は2編は、ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、気の利かないチョンハナVSもどかしいソジュンです。
そして、ラブレインあらすじ、ラブレイン8話は3編は、ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、胸をときめかせるソジュンの告白、“私は君が好きなようだ”です。
ここからは、ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクVSユナの3秒です。

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクVSユナの3秒

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、チャングンソクVSユナの3秒の勝者はユナだった。
高価な人ソジュンが純粋な女チョンハナに完敗した。
視線が留まるところにハナが見えて、可笑しい現状に惑うソジュン、愛と言う感情を否定したいソジュンだった。
全身から押し出そうとしても振り切ってられないハナの姿のせいで、見栄っ張り男が可愛いソジュンに変わってきている。
韓国ドラマ、ラブレインにおいて、3秒は大きな意味を持っている。
短い刹那だが、その瞬間が残した感情は、永遠を象徴する。
ラブレインを貫通する主題、純粋な愛を意味する。
ソジュンは、その魔法のような愛が本物であること知ってしまった。
あれやこれや愛を築いていくソジュンとチョンハナを見ていると、とても可愛いと言う言葉が口から出てくる。
もちろん、だだ見ているだけも胸の片隅が切なく痛んでくるインハとユンヒの恋も見守らなければならので、ひたすら笑みを浮かばせるには行かないけど・・・

ラブレインあらすじ!ラブレイン8話、ユニの病名、脳腫瘍?ではない緑内障か白内障?

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの再会

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの再会

“間違いないですか?生きていたんですね。生きていた・・・”、32年前にはいつもインハ(チョンジニョン)がユニ(イミスク)のために傘を準備していたが、32年後の再会、逆にユンヒが傘をさしてあげる姿は対話以上の言葉を伝えた。
屋台のテントの下で雨を避けているンソジュンとハナも過去、二人の親とは異なる姿で対照的だった。
雨が降る日が好きなハナとは異なり、雨が降る日が嫌いだというソジュンの言葉は最も対照的だった。
高価なブランド服が雨に濡れるかと気になってハナを半分以上、傘の外に押し出す姿までも。
32年ぶりの再会は聴きたい言葉は口の外に出すことができず、二人の背を向かせる。
ユンヒが死んだと思っていたインハ、たまにインハの便りをニュースを通じて聞いて幸せに暮らすようで良かったと言うユンヒ、二人を引き裂いたのが一人の死ともう一人の結婚だった。それが、あれだけ長い間、お互いを探さなかった理由だった。
この世にいない人、すでに他の人の夫になっている人だから、諦めたように互いを離すしかなかった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの再会

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの再会

ユニに再会して諦めることができなかったインハは結局、植物園へと向かう。
感情を抑えることができずできず、32年間を寝かしてきた愛しさを一気に吐き出したインハ、彼の奇襲的な抱擁は32年間、持ち続けてきた愛でした。
その心を知らないユニではなかった。
もしかしたら、ユニがもっとインハを愛しく思っていたから、インハの心をもっと知っているユンヒだった。
インハがいるから幸せだったし、愛されたから幸せだったし、愛していたからより幸せだった。
“愛はごめんと言う言葉を言わないことです。”、ユニを愛していたインハの純粋な心を持っていることだけでもユニは幸せだった。
ところが、インハが幸せではなかった告白する。
“あなたがいない間ずっと、あなたがいないからずっと悲しく、不幸でした。私の時間は私達が歩いた浜辺のどこかにずっと止まっていました。あなたがいない間、私はたくさん変わりました。もう二度とあなたを失いたくはありません。このままあなたを逃すことはできません。私を救ってください。”

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの再会

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの再会

ユニの胸の片隅にインハがいて幸せだったが、彼は幸せではなかったと言う。
その人を受け入れてあげたいと言う気持ちが一瞬ユニの心に入ってきたが、インハを抱いていた手を止めてインハの背中を軽くとんとんと・・・励ます。
インハの背中を抱いていた手を止めたのは欲を出しては行けないとユニ、自信に言う言葉だった。
欲を出しては行けないから・・・
インハが不幸になることを知っているから。
ユニは健康な体ではなかったから。

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの恋の行方は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの恋の行方は?

母が病気だと言うハナの言葉、ハナが結婚するのも見なければならないし、ハナが庭を作ることも見なければならないけど、お母さんが耐えられるか分からないという言葉から、ユンヒが治せる病と戦っていることが暗示された。
カフェでインハと別れて薬局に立ち寄って、目薬を入れる姿も出たが、死を予告する不治の病ではないことを祈っている。
古臭い不治の病!これではないことを・・・
ユンヒはどのような病気と戦っているから、今から、悲しみを予告するのか、胸が涙で詰まってくる。
通常、脳に異常がある場合、目に異常が表れるケースが多いが、もしかしたら脳腫瘍?
ところが、一筋の希望は残している。
白内障や緑内障で視力だけを失う可能性だ。
白内障の場合は手術でも治療が可能だが、緑内障であれば、失明まで進むので不安ではあるが、死ぬよりましではと・・・
私は悲しみを堪えることができないようだ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの恋の行方は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン8話、イミスクとチョンジニョンの恋の行方は?

冬のソナタのミニョンのように失明であれば、自己複製繰り返し歌になるようだが、ユニの病気を今は、死に繋げたくはない。
失明の可能性のために、娘の花嫁姿も庭も見れなかったらどうしようと言う考えは懸念だと、一応、催眠をかけているつもりだ。
ハナも母の目がより悪化する前に、初恋の人を一度でもあわせてあげたかったと言うことと解釈するつもりだ。
このきれいなドラマが涙まみれにされる新派に変わることは願ってない!
先たつ想像ではあるが、前を見ることができないユニのそばにインハが留まり、ユニの肖像画を描く姿で平和な老年を送ることにしたあげたい。
ハナとソジュンも結んであげて。
困るって?
以前にこのような韓国ドラマの例なかっただけではない。
韓国映画と韓国ドラマにも制作されたが、若いケヤキという作品だ。
スッキとヒョンギュという腹違い男妹の愛を扱った作品で、最も印象的なセリフが、“彼からはいつも石鹸の匂いがする”とし、継兄にときめく場面だ。
開かれた結末だったが、私にはハッピーエンドだろうという考えをもたらす作品だった。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ