ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、セラヴィー6人衆、いきいきとしたキャンパスロマンス予告

ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、セラヴィー6人衆、いきいきとしたキャンパスロマンス予告

ラブレイン、チャングンソク、ユナの70年代キャンパスロマンが繰り広げられる

KBS2の新しい月火韓国ドラマ、ラブレイン(脚本:オ·スヨン、演出:ユン·ソクホ)の70年代のキャンパスの青春、セラヴィー6人組が話題だ。
放映前から国内外の視聴者たちをひきつけて派手な出発を待っているKBS2新しい月火韓国ドラマ、ラブレインの70年代のキャンパスの青春、セラヴィー6人衆が出撃を控えている。
美しい映像美で話題になった韓国ドラマ、ラブレインティーザー予告篇で出てきたチャングンソク(70年代ソインハ)とユナ(70年代キムユンヒ)のときめくラブストーリーはもちろん、セラヴィー6人衆のかすかながらもいきいきとした姿に、すでに視聴者たちは、それぞれのキャラクターに対する熱い愛情を注いでいる。
特に、70年代の大学生たちの幻想と、今の大学新入生とも似ている緑豊かな姿を同時に持ったセラヴィー6人衆の期待値が高まっている状況だ。

ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、セラヴィー6人衆、キムシフ、ソイングク、ソンウンソ、ファンボラ

ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、セラヴィー6人衆、キムシフ、ソイングク、ソンウンソ、ファンボラ

セラヴィー6人衆は、ラブレイン中、70年代の最も有名な音楽喫茶店、セラヴィーのギター3人衆、イケメン美大生、ソインハ(チャングンソク)、人気DJイ·ドンウク(キムシフ)、純粋な粘り強い青年キムチャンモ(ソイングク)を中心に出会うようになった家庭大、清純女神キム·ユニ(ユナ)は、キャンパスクィーンカー、ペクヘジョン(ソンウンソ)、可愛いファンインスク(ファンボラ)が集まって名を付けた集まりだ。
70年代の大学キャンパスのロマンと青春の夢、愛、悩みを完全に再現する彼らの爽やかな姿に注目が集められている。
セラヴィー6人衆の姿にネチズンたちは “あの時代にあんな大学生が本当に存在したのかと嬉しそうに想像する”、“いきいきとしながらも70年代の大学生たちだから、何かおぼろげな感じ”、“きれいな映像と、6人のいきいきとした主人公たちがまるで映画っぽく、予告だけでも期待される”、“70年代の大学生たちのキャンパスライフと愛が本当に気になる”、“ママもあんな時代があったと仲良くひそひそと話を花咲かせた。ラブレイン、完全期待中”など、大きな関心を示した。
ラブレインの制作社であるユンスカルラのある関係者は、“ラブレインで、大学のキャンパスを背景に出会うことになる、セラヴィー6人衆は、青春という熱い情熱と70年代のユニークな純アナログな感性を持っているいきいきとした大学生”と、言い“彼らが伝える70年代の青春のメッセージとの友情を通して、時には笑って、時には鼻先がじいんとする深い感動を感じることができるだろう。それぞれ個性が違うキャラクターらの熱演を期待してくれ”と伝えた。

ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、セラヴィー6人衆、キムシフ、ソイングク、ソンウンソ、ファンボラ

ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、セラヴィー6人衆、キムシフ、ソイングク、ソンウンソ、ファンボラ

一方、70年代爽やかな大学キャンパスの青春の姿を完全再現するセラヴィー6人衆の姿をいきいきとして描くと同時に、70年代と2012年を行き来して時代を超えて、世代を超えた青春の変わらない愛のときめきをそっくりそのまま盛る予定だ。
ラブレインは、1970年代純粋だった愛の感性と現在の時代のトレンディーな愛の方法を同時に広げて出して、愛の本質を描く予定であり、視聴者とはラブレイン1話を通って出会いを持つ予定だ。
チャングンソク、ユナ、ユンソク監督、オスヨン作家、名前だけでも胸が震える作品が想像される韓国ドラマ、ラブレイン1話では、チャングンソクとユナの70年代ファッションと感性、そして、ときめく二人の図書館での出会いが描かれる予定だ。
ラブレインは韓国ドラマ、ドリームハイシーズン2の後続で3月26日の夜9時55分初放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ