ラブレインあらすじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナが図書館で出会う

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナが図書館で出会う

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話予告、ラブレイン1話でユナ‘チャングンソクとの図書館出会いが記憶に残っている’

ラブレインあらすじは、一言で言うと結ばれなかった初恋を時が過ぎって、初恋の二人の子供が大人になり出会う内容だ。
ラブレインあらすじは、初恋、誰の胸の奥に残されているときめくその瞬間を時が再び呼び起こす過程を描くと思われる。
ラブレイン1話あらすじは、主人公たちの出会い、大学生活を中心に描かれると思う。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナの出会い

インハ、端正な姿のユニを発見し、導かれるようにユニの姿をスケッチし始める。
いつの間にか消えたユンヒを探してインハは慌てて走って出て行き、その瞬間ユニとぶつかるが・・・
何も言えずに、ユニをそのまま帰らせたインハの足元に落ちている小さな手帳。
ユニの日記帳だった。
このように、二人の出会いが始まるが・・・.

ラブレインあらうじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナが図書館で出会う

ラブレインあらうじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナが図書館で出会う

濃い感性のラブストーリーで、今年の春、視聴者の心をしっとり濡らしてくれるKBS新しい月火韓国ドラマ、ラブレインのチャングンソクとユナがときめきいっぱいの図書館出会いの姿にもう一つの名場面の誕生を予告した。
眩しいほどに美しい愛の物語で忘れていた感性を刺激する韓国ドラマ、ラブレインの二人の主人公、チャングンソク(70代ソ・インハ)とユナ(70年代キム·ユニ)が図書館で出会う胸震える場面で、まるで、ロミオとジュリエットの水族館の出会いを連想させるロマンティックな美しい出会いを描く予定だ。
爽やかさを含んだ70年代の大学キャンパス、暖かい日差しが窓から零れ落ちている図書館で、図書館書庫で本を探していたインハ(チャングンソク)が本の間から嘘のようにユニ(ユナ)と出会うことになるラブレイン1話中の一場面だ。
特に、ラブレインでチャングンソクとユナが出会う場面は、大学時代誰でも一度は夢見たロマンチックな出会いなので、その時代の郷愁を呼び起こす予定だ。

ラブレインあらうじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナの出会い

ラブレインあらうじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナの出会い

ラブレイン1話中でも、お互いの視線が会うことにありなると、わざとぎこちなくなったチャングンソクとユナの姿は、まるでドキドキと心臓の音が聞こえるような錯覚が起こるほど、もうちょうど愛を始める恋人たちの美しい姿を盛っていて目を引く。
ユナは“アナログ的な感性が感じられるインハとユニの出会いが本当にロマンチックで撮影しながら心がときめいた。ラブレインの中で、最も記憶に残る場面の一つである”と撮影所感を伝えた。

ラブレインあらうじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナの出会い

ラブレインあらうじ、ラブレイン1話予告、チャングンソク、ユナの出会い

ラブレインの制作社であるユンスカルラのある関係者は“ラブレイン中で、チャングンソクとユナが図書館で出会う場面は、携帯電話がなかった70年代、偶然の出会いを加えながら運命的な愛を始めることになるのインハとユニの出会いを描いた場面である。二人の胸さわぎがそっくりそのまま視聴者の方々に伝わって、誰もが共感できる美しい出会いになると期待される”と伝えた。
一方、アナログ時代の70年代とデジタル時代の2012年生きていく青春の物語を通じて、お互いに異なる時代を生きて行くが、本質は変わらない愛、友情、夢を美しく描き出すドラマ​​ラブレイン初放送日は、3月26日である。
韓国ドラマ、ラブレインは今夜9時55分に初放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ