ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンプリンスチャングンソクを押し倒した3秒

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンプリンスチャングンソクを押し倒した3秒

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話では、チャングンソク(ソジュン)とユナ(チョンハナ)の出会いから、ソジュンがハナに惚れた3秒を描いている。
ラブレインあらすじ、ラブレイン5話において、重要なポイントは北海道のダイアモンドスノーの伝説だ。
男女が一緒に見ると恋に陥ると言う北海道のダイアモンドスノー!
ソジュンとハナは一緒に北海道のダイアモンドスノーを見て恋に陥るのか?
ラブレインあらすじ、ラブレイン5話では、男女の出会い?
そして、ハナがインハに会うために必ず必要だった携帯電話の故障まで偶然が続く。
“あなたがその日、私の絵の中に偶然入ってきたのではなく、あなたが私の風景でした。ユニさんと初めて会った日から私の風景はずっとあなたでした・・・”、1970年代のソインハの初恋であるユニのように、世代を繰り返し、二人の息子ソジュンのカメラにチョンハナが入ってきた。
二人の運命を予告するように一緒に見ると、恋に陥ると言う伝説を持ったダイヤモンドスノーと一緒に。
キムユンヒを見て一目惚れしたソインハとは異なり、2012年のソジュンとチョンハナの出会いは思いもしなった事故のようにもめながら始まる。
インハとユニの愛を敍情性濃い感性で描いたと言うと、ソジュンとチョンハナの愛は雨が止んだ後に姿を表わす虹のように華やかな感じに描かれた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

70年代のインハと、2012年のソジュンへの愛は、感電のようだということが同様だった。
感電事故のように全身を巻き包んだそのときめきを愛だと確信していたのは、インハもソジュンも女性に初めてときめいたものだった。
女性を一晩楽しむ対象としか思ってなかったソジュン、傲慢で艶がないイケメンフォトグラファーのレンズとソインハのキャンバスは、表現したものが違うだけで二人の感情を描き出す心の中を象徴する。
ソインハが人物の肖像画をユニだけを描いたと言えば、ソジュンは仕事としてのモデルではなく、彼の心に入ってきた風景チョンハナをカメラに撮り入れる。
32年前、インハが美大のベンチで本を読むユニを見て狂ったようにスケッチをしていたように・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

あまりにも似た形、オマージュはそれにもかかわらず、重なる気がしない。
チャングンソクとユナの雰囲気があまりにも変わって1人2役をしたことをちょっと忘れさせたから。
何よりも驚いたのはチャングンソクとユナの180度変身した姿だった。
先週まで視聴者をしっとりとした雨に濡らせたインハとユニというキャラクターを演じていたのかと思うほど、全く違った雰囲気を見せてくれた。
自分に似合う服を着飾ったように、チャングンソクの見栄張りの自尊心とユナのハツラツとした明るさが自然がで綺麗な映像を作り上げた。
チャングンソクの魅力を存分に発散することができるソジュンというキャラクターが女心をどのように揺さぶるのか期待もされて、特に、妖精のようなキュートなユナの魅力は、現代に来るとより活きている。

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話の始まりは駅で偶然にぶつかったソジュンとチョンハナの姿だった。
駅で偶然体がぶつかったソジュンとチョンハナ、そのちョンハナの携帯電話がソジュンのポケットに入ったのか、まるでぜひ会わなければならない人は、巡り会うと言う公式を見せるように、運命のような出会いが始まった。
どのような女でも心で決めれば3秒で誘惑できると言うプレーボーイソジュン、本当は一度も女性を見てときめいたことがないと言う自称シークな男だった。
浮気者の気質も濃厚で、女性とは軽く会うスタイルのように描かれたが・・・
ソジュンにとって、女性は楽しむ概念のものだった。
親の影響に見えたが、心に重い鍵をかけているようなソジュン。
初恋を忘れられないままつらい日々を送っていたため、母も不幸だったと言う話を通じて、ソジュンは愛を信じない男であることが明らかになった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話では、ソジュンとチョンハナの対話を通じて、愛の二つの顔が描かれた。
幸せと悲しみという・・・愛の二つの顔!
ソジュンとチョンハナが父と母の初恋を話す場面は、インハとユニにとって、愛がどんな顔して残っているのかを見せてくれた。
インハにとって愛は悲しみの顔を、ユにとっては幸せの顔だったことを・・・
“私は愛を信じない。私の父は、初恋を忘れられずに、ずっと苦しんでいた。母も不幸たし・・・だから、私はそのような恋はしたくないと思っていた”
“私の母は一生、初恋を忘れられませんでした。でも、その思い出のためにずっと幸せだったと言いました。私もそのような恋をしたいです。”

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

インハの愛は悲しみの顔だったので、ソジュンにも愛は悲しい色だった。
ソジュンが愛を信じない理由でもあって。
ところで、キムユニにとって愛は幸福の顔だった。
ぜひ病気を治して韓国へ帰って来ると、米国に発ったユニに、インハとの愛は彼女を病気と戦う力の源であったことだろう。
愛をどのように追憶するかによって、愛の顔も違ってくる。
思い出として、一ページを捲ったユニにとっては、しおり(ブックマーク)として、きれいにコーティングして挿しておいたきれいな色の銀杏の葉のように美しいままで詰められ、捲ることもできず折ったままで残したインハにとっては、元に戻せない折り目の跡のように傷として残っていたようだ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、32年後のソインハの姿、ユニを忘れられない

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、32年後のソインハの姿、ユニを忘れられない

父と母の初恋が二人にとって特別なのは、その悲しみと幸せの重さが大きかったせいだという気がする。
父の悲しみを見ながら愛なんかしないと思っていたソジュンだったし、母の幸せを見ながらハナは、そのような愛に憧れて育った。
携帯電話でつながった運命のような出会いはナンパ男ソジュンを混乱に陥れた。
女性は誘っても女性に魅了されないと確信していたナンパ男が、逆にハナの誘惑に陥ってしまったから。
それも3秒前に教えて女性をナンパする手法をコピーしてそのまま反射するハナに・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

3秒でチョンハナの魔法に落ちてしまったソジュン、愛には方式がない。
何の準備もなく、予行練習もなしで、突然、瞬く間に感電事故のように、予告なしに降る雨のように迫ってきた。
3秒で・・・ドキドキ・・・愛を信じていなかったソジュンに。
まだ分からないが、悲しみと幸せの二つの顔を持って・・・

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、イケメンチャングンソクを3秒でユナに惚れる

70年代の親の世代を困らせて幸せにしていた胸が切ない愛、その完成できなかった絵が、2012年、インハとユニの子供たちにはどんな顔として盛られるのか?
悲しみと幸せの二つの顔を持ったラブレインが降り始めた。
インハのキャンバスとソジュンのカメラに・・・
インハとソジュンはどのように二人の風景を完成させるのか?
ラブレインあらすじ、ラブレイン6話をお楽しみに・・・

韓国ドラマ、ラブレインは現在、韓国において視聴率の低迷で苦しんでいるが、チャングンソク、ユナなどラブレイン主演陳と製作陳は誠意をもって最後まで綺麗な画像と薄れていく初恋の思い出を描いている。
韓国ドラマラブレイン視聴率はTNmS基準によると、ラブレイン1話視聴率6.1%、ラブレイン2話視聴率6.0%、ラブレイン3話視聴率4.8%、ラブレイン4話視聴率5.3%、ラブレイン5話視聴率5.2%、ラブレイン6話視聴率6.5%を記録している。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ