ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、チャングンソクとユナ北海道へ行く

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話から再度幕を開ける

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、チャングンソクとユナ北海道へ行く

KBS 2TV月火韓国ドラマ、ラブレインが本当に幕を上げた。
もうこれ以上は時代遅れと言われない。
ラブレイン5話からは、さらにクールで強烈になるから。
韓国ドラマ、ラブレインは、ラブレイン4話の最後、ついに2012年に時代が転換されてソジュン(チャングンソク)とハナ(ユナ)の初めての出会いを描いた。
ラブレイン4話までソジュンとハナの親の世代、すなわち、インハ(チャングンソク)とユニ(ユナ)の至高至純した70年代の愛を見せたものでれば、ラブ絵イン5話からはさらにスピード感があった、クールな2012年式のロマンスを広げを予定だ。
過去に始まって、現在も続く運命の愛、交錯したロマンスを描くための事前説明はすべて終わったわけだ。
もう、ラブレインは、インハとユニの息子と娘であるソジュンとハナの目ぼしいロマンス、そして、中年になって再会するインハ(チョンジニョン)とユニ(イミスク)の運命のようなメローを盛り入れる。
世代間の愛の方式の違いと同時に変わらない運命的な愛のインスピレーシヨンが伝えられるだろう。

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、チャングンソクとユナ北海道へ行く

ラブレインあらすじ、ラブレイン5話、チャングンソクとユナ北海道へ行く

2012年の愛を描き始めたラブレインは、一層洗練されてより豊かになる見通しだ。
一旦、ソジュンとハナのビジュアルがそうで、日本北海道雪原を背景にした感覚的な映像美も視線を止めるだろう。
さらに、70年代とはまったく変わった恋愛観と愛の方式を描いたストーリーが軸になって興味を刺激する予定だ。
中年になったインハとユニの再会も大きな期待を呼ぶところである。
さすが、歳月の流れを胸に留めたチョンジニョンとイミスクの運命のようなロマンスがどんな絵になって生まれ変わるのかに関心が高い。
70年代が背景になったラブレイン1話からラブレイン4話までを視聴したネチズンたちは“古くって遅い”と指摘をした。
スピーディーで刺激的なドラマに慣れてきたテレビの観客としてはラブレインの展開方法や速度に慣れ難いもの。
しかし、時代が変わって青春と中年の愛を同時に描くなど、大きな変化が予告されて雰囲気転換の可能性をうかがわせる。
一方、4月3日に放送されたラブレイン4話は全国基準5.3%の視聴率を記録した。
これは4月2日放送分、ラブレイン3話視聴率4.4%より0.9%ポイント上昇した成績だ。
時代の変化とともに小幅上昇勢に乗ったラブレインの視聴率は反騰だけを残している。
ラブレイン5話が期待される理由は、現時代のトントンと跳ねる魅力を発散するユナとチャングンソクの変化されたキャラクターとユニとインハが実らすことができなかった中年の愛が描かれる予定だからだ。
スピーディーなデジタル時代にアナログ感性が残した余韻は大きいが、それでも2012年生きている視聴者たちは思い出ではなく、ファンタジーを好むのでは?
思い出は小さな箱の中にファンタジーは大変な一日が終わる夕方の時間に毎日毎日夢を見たいと思う明日に対するエネルギーの中で光を放つと思う。
ラブレイン5話は4月9日午後9時55分放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ