ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像と内容?チョンジニョンとイミスクの額にキスは中年のロマンス?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像と内容?チョンジニョンとイミスクの額にキスは中年のロマンス?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像と内容?チョンジニョンとイミスクの額にキスを予告

KBS月火韓国ドラマ、ラブレイン(演出:ユンソクホ/脚本:オスヨン/製作:ユンスカラー)で、中年の切ないロマンスを描いているチョンジニョンがイミスクにロマンチックな額にキスをして注目を集めている。
去る1日に放送された韓国ドラマ、ラブレイン12話では、ハユン(インハ+ユンヒ)カップルだけの切ない思い出が込められた浜に旅たつインハ(チョンジニョン)とユニ(イミスク)の姿が描かれて淡い70年代の二人の姿を思い出させた。
一方、韓国ドラマ、ラブレイン制作陣によると、7日放送されるラブレイン13話ではインハがユニに浜の真ん中でロマンチックな額にキスをする予定だ。
思い出がいっぱいのビーチ砂浜の上、並んで足跡を残して歩く幸せなインハとユニ!
立ち止まったチョンジニョンがイミスクにロマンチックな額にキスと抱擁をする姿は、多くの歳月を経て再び見つけたハユンカップルの切ない愛を見せてくれる中で震える初キスをしていた70年代のインハとユニの姿を思い浮かばせてジーンとした感動さえ感じさせている。
ユンヒと一緒に幸せな時間を過ごしたインハが心のこもったプロポーズまでする予定で、ジュンとハナ、インハとユニ、四人の関係がどのように流れるのか視聴者たちを切なくさせる見込みだ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像と内容?チョンジニョンとイミスクの額にキスは中年のロマンス?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像と内容?チョンジニョンとイミスクの額にキスは中年のロマンス?

イミスクとチョンジニョンのロマンチックな額キスにネチズンたちは、“靴を脱いで砂浜を歩くイミスクと沈重なチョンジニョン!とてもロマンチックだ!”、“思い出めいた浜でロマンチックな額にキス!きれいだ!”、“”何か込み上がって来る感動が感じられる!あまりにも遠く回って来たから二人が幸せになって欲しい”、“とてもロマンチックだが、ハユンカップルが結ばれたら、ソチョンカップルはどうなるのか?”とか期待感を熱く表わした。
過去韓国ドラマ、ラブレイン12話の放送最後に、浜へ到着したチョンジニョンとイミスク、そして、チャングンソクとユナが反対側の停留所に立っている姿が交差して、切ない四人の深くなって行く愛を描いて、果たしてソチョン(ソジュン+チョンハナ)カップルとハユンカップルの運命がどのように流れるのか視聴者たちの心を気遣うようにしているKBS月火韓国ドラマ、ラブレイン13話は5月7日、月曜日夜9時55分に放送される予定だ。
チョンジニョンとイミスクのロマンチック額キスは5月7日午後9時55分に放送されるKBS月火韓国ドラマ、ラブレイン13話で公開される予定だ。

韓国ドラマ、ラブレインがラブスノーではなくラブレインである理由は?

ラブスノーではなく、ラブレインである。
お茶の間にしっとりとした愛の感性雨を降らせているKBS 2TV月火韓国ドラマ、ラブレイン(脚本:オスヨン/演出:ユンソクホ)が一時的にロマンチックコメディーへ転じたジャンルを涙のメロに戻しておいた。
ラブレインのストーリー構造自体が悲しいしかない話だ。
70年代、切なく別れた初恋の男女が32年を経て運命のように再会するが、すでに二人の子供がお互いに恋に陥っている。
結局、親カップルと子供カップル、皆が愛を成すことはできない。
片方のカップル、あるいは両方のカップルが愛をあきらめなければならない。
視聴者はすでにみんな知っていた。
だから、ラブレイン5話から2012年ソジュン(チャングンソク)とチョンハナ(ユナ)の甘いロマンスが描かれ始めていても視聴者たちはひたすら微笑んで見ることができなかった。
32年ぶりに再会したソインハ(チョンジニョン)とキムユニ(イミスク)のロマンスが気になった。

韓国ドラマラブレインがラブスノーではなくラブレインである理由は?

韓国ドラマラブレインがラブスノーではなくラブレインである理由は?

どのような結論でも皆が幸せになることはできないことを知っているからだ。
雪が純粋で活気に満ちた笑いを象徴したら雨は、悲しみを象徴する。
韓国では、漢字で悲しみを表すときには悲(ビ)と書いて雨(ビ)と読む。
降る雨と意味は違っても同じ発音で自然に悲しみが連想される。
多くの作品で別れ、あるいは悲しい場面で雨という措置が持つ存在感は少なくなかった。
韓国歌手ジンジュの行く?のミュージックビデオでは、とめどなく降り注ぐ雨と一緒に車の中で涙を流すキムジスの姿が印象深く残っている。
ラブレインでも愛の始まり、迷い、別れがすべて雨と一緒に描かれて視聴者に届く感情の尺度を高めた。
ラブレインというタイトルが与える青々しい感じがドラマの展開とともに悲しみにつながる。
涼しく降ってきれいに止む夕立ちは過ぎてようやく切ないことを感じる初恋と似ている。

韓国ドラマラブレインがラブスノーではなくラブレインである理由は?

韓国ドラマラブレインがラブスノーではなくラブレインである理由は?

ラブレインは、最初から最後まで初恋で構成された韓国ドラマだ。
誰もが知っている悲しい結末は、タイトルそのまま雨に溶け込んだ。
今まで爽やかに見えたタイトル、ラブレインがこれから主人公たちの運命のように悲しみと涙のラブレインに見えるようだ。
個人的にはラブレインの主人公はイミスクとチョンジニョン?のため悲しい結末になるような感じがする。
チャングンソクとユナ、ソチョンカップルはダイアモンドスノーを一緒に眺めて、二人のテーマは愛のスノー?のため、インハとユニは友達のように絵を描きながら優雅な一時を過ごし、ジュンとハナは恋人になって甘いロマンスを繰り広げるのではないかと想像している。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ