ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクとユナの画報撮影!

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクとユナの画報撮影!

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ内容は?チャングンソクとユナの運命は?

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話の内容が公開された。
ラブレイン12話の内容された内容は、ジュン(チャングンソク)が父とハナの母、そして、ハナ(ユナ)の関係を知った後、何も知らないハナとジュンの間に異常気流が流れる。
ハナは、ジュンの態度が苦しくて、ジュンはハナの心を痛ませる。
一方、ヘジョンの妨害にもかかわらず、インハ(チョンジニョン)とユニ(イミスク)の愛はもっと深めて行き、子供たちの状況が分からない状態で、二人の出会いは続くが・・・

ラブレイン12話でユナがビーチのヴィーナスに変身?チャングンソクもびっくり?!

KBS月火韓国ドラマ、ラブレインのユナが美と愛の女神ビーナスに変身して話題を集めている。
KBS 2TV月火韓国ドラマ、ラブレイン12話のネタバレ画像でチャングンソクと少女漫画のような愛を描いていっているユナは、浜の真ん中でドレスの裾をなびかせて、美と愛の女神、ヴィーナスの姿を見せており、熱い関心を集めている。
去る4月30日ラブレイン11話の放送では、冷たい毒舌を浴びせて(ユナ)に別れを告げた(チャングンソク)の姿が描かれ、ソチョンカップルのロマンスに赤信号が点灯した中、ハナとジュンに広告主(イビョンジュン)が浜辺の画報撮影を提案する。
ジュンの本心が知りたくてもう一度ジュンのモデルになることを決心したハナは、冷たく変わったジュンが大声で怒鳴るにもかかわらず、涙を浮かべたままジュンと一緒に撮影をする予定だ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクとユナの画報撮影!

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクとユナの画報撮影!

ユナはふわっとした黄色いドレスの裾をなびかせて、優雅で清純な魅力を発散、まるで美と愛の女神、ヴィーナスが降臨したように神秘的な雰囲気を吹き出しており、注目を集める。
特に、パッとした笑みではなく、少しは悲しい表情をしているユナからは淡い感じがする。
ユナの美と愛の女神ヴィーナスの姿に接したネチズンたちは、“本物の女神が降臨したようだ!自己発光がまぶしい!”、“本当に神話で急に飛び出してきたようなユナ!とてもきれいだ!”、“再びチャングンソクのモデルになったようだ!美貌とチャングンソクの心を再び動かせるか?!とても気になる”、“もう一度、二人の甘くて可愛い姿を見たい”、“一人で照明100個つけているユナ!実際の画報の撮影に等しい!”、“なんか悲しい表情!チャングンソクが毒舌を飛ばしたのか?”など、熱い反応を見せた。
一方、自分の父親の初恋の相手がハナの母であることを知ったジュンは別れを告げ、そして、とげのある毒説でソチョンカップルのロマンスが最大の危機を迎えたKBS月火韓国ドラマラブレイン12話は、5月1日の夜9時55分放送される予定だ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクのハートブレイク?!
ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクがハートブレーカーになる?とげの生えた毒説でユナは涙?

KBS2月火韓国ドラマ、ラブレイン(脚本:オスヨン、演出:ユンソクホ)12話で、チャングンソクが氷のように冷たく変わってユナにとげの生えた毒説を浴びせる予定だ。
去る30日に放送されたラブレイン11話では、ジュン(チャングンソク)がハナ(ユナ)の母親が自分の父親の初恋であることを知った後、ハナに別れようと言って、ソチョン(ソジュンとチョンハナ)カップルの危機を予告した。
その中、5月1日に放送されるラブレイン12話では、ハナに切ない心を隠すことができず、明らかに出していたジュンが自分の心臓を取り除くような痛みを堪えて、ハナのために冷たい毒説を飛ばして自分の慎心を隠す予定だ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクのハートブレイク?!

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?チャングンソクのハートブレイク?!

別れようと一方的に告げて去ったジュンはハナが別れた理由を尋ねると、“だだ、遊んだだけ!そうして疲れた”と冷たく言って彼女に傷を与え、酒に酔って彼女を抱いた後、無表情な姿に“本当に何も感じない”と言って自分を憎ませて彼女を断念させようとする。
韓国ドラマ、ラブレインの製作会社ユンスカルラの関係者は、“母の初恋が実ることを願っているハナにジュンは初恋が自分の父親だという事実を隠したまま、彼女に本気ではなく毒舌を浴びせて愛を止めようとする。彼女に吐いた毒舌で自分がもっと苦しいけど、その感情さえも隠せねばならないソジュンを演じるチャングンソクの繊細な感性演技がより一層、光を放つ予定だ。多くの関心をお願いする”と期待感を高めた。
一方、 ハユン(インハとユンヒ)カップルの中年ロマンスが日々深まる中、 ソチョン(ソジュンとチョンハナ)カップルは、切ない別れをして4角ロマンスの嵐の前夜を予告している韓国ドラマ、ラブレイン12話は5月1日、夜9時55分の放送を予定している。

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?ソイングクの再登場?チャングンソクのライバル?

KBS韓国ドラマ、ラブレイン12話の予告編に懐かしい顔が登場した。
70年代のチャンモ役を引き受けて劇に小さな楽しみを贈って、主人公よりも大きな人気を得たソイングクが5月1日に放送するラブレイン12話から2012年の人物、ジョンソルとして戻ってくる。
ラブレイン12話の予告編でちょっとだけ登場した、彼は革のジャケットにピアスなど、70年代の人物とは全く対照的な洗練された姿を見せてくれるだけでなく、彼だけのとろりとしたなまり演技で視聴者たちの注目を一気にひきつけた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?ソイングクの再登場?チャングンソクのライバル?

ラブレインあらすじ、ラブレイン12話ネタバレ画像は?ソイングクの再登場?チャングンソクのライバル?

また、ソイングクがユナを見て、“あの子は私の運命だ”と言う場面で、チャングンソク、ユナ、キムヨングァン、ソイングクの完璧な四角関係が成立することを推測することができ、特に、過去ラブレイン11話でチャングンソクとユナの別れが描かれて視聴者たちが切なさを感じている中で登場した彼が、チャングンソクとユナの間でどのような役割をするのか気がかりなことが増幅されている状況だ。
70年代を描いたラブレイン1話からラブレイン4話まで出演は、彼に取って得だった。
これは、ソイングクの再発見と言うことと同時に、ソイングクという名前を確かに認識させるようにした最高の選択だった。
ソイングクが当初70年代まで出演する予定だったが、2012年度に再登場を選択した時にはきっとそれなりの理由があるはずだ。
このように、 リニューアルをして登場したソイングクがラブレイン12話の放送から70年代のキャラクターを超える別の強大な人物を描き出すのか、さらに低調な視聴率を継続している韓国ドラマ、ラブレインの救援投手として役を果たすことができるのか見守らなければならない部分だ。
ソイングクの再登場、ユナのヴィーナス姿、チャングンソクのハートブレイクが描かれるラブレイン12話は5月1日夜9時55分に放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ