チャングンソク主演ドラマ、ラブレインでチャングンソクのロッコとメロを行き来する感性演技好評?

チャングンソク主演ドラマ、ラブレインでチャングンソクのロッコとメロを行き来する感性演技好評?

チャングンソク主演ドラマ、ラブレインのチャングンソク表情を集めろ!

チャングンソク主演ドラマ、ラブレイン(脚本:オスヨン、演出:ユンソクホ)でチャングンソクが繊細な感情演技で視聴者たちの好評を受けている。
冷たさから柔らかさまで自然に行き来する魔性男ソジュン(チャングンソク)が、まるで自分にぴったりの服のように消化したチャングンソクは、ソジュンが家族に吐き出すセリフ一言だけでも、彼が幼い頃から持ってきた心の傷をそっくりそのまま盛り出している。
またソチョン(ソジュン+チョンハナ)カップルの最も幸せな時と二人の別れが描かれたラブレイン12話の放送ではチャングンソクだけのメロ演技をまともに爆発、刻々と変化するジェットコースターのようなソジュンの感情変化を柔軟に描き出して視聴者たちをより一層ラブレインに陥らせた。
韓国ドラマ、ラブレインが後半部に移る現在、ハナ(ユナ)との愛と別れに対するソジュンの気持ちを全身で表現して、より一層深みのある内面演技を披露、ラブレインの序盤は彼が描いた70年代とはまた別のメロ演技で千変万化した姿をお目見えして感嘆を吐き出させている。
特に、ソジュンの複雑な感情を表現するときに、毎場面ごとに異なるチャングンソクの繊細な呼吸、その手さぶり一つ、目つき一つが強要せず、解釈する必要もなく、自然に彼の感情を付き添わせる。

チャングンソク主演ドラマ、ラブレインでチャングンソクのロッコとメロを行き来する感性演技好評?

チャングンソク主演ドラマ、ラブレインでチャングンソクのロッコとメロを行き来する感性演技好評?

ラブレイン11話で、自分の父親の初恋の相手がハナのお母さんだったという事実を知った後、傷だらけの顔で帰ってきて眠っているハナの髪の毛を整ってあげるその指先と赤くなった目!
ラブレイン12話では、ハナのために別れを告げ、冷え切ったジュン(チャングンソク)がベッドで眠っているハナに触れると崩れるそうでためらった彼の手とパタパタと落ちてくる涙は、いつの間にか深くなってしまったソジュンの切々たる愛をそのまま伝えて喉を詰まらせた。
絶頂を成したのは、ラブレイン12話で別れを受け入れないハナとの切ない抱擁に刻々と揺れるチャングンソクの瞳!

チャングンソク主演ドラマ、ラブレインでチャングンソクのロッコとメロを行き来する感性演技好評?

チャングンソク主演ドラマ、ラブレインでチャングンソクのロッコとメロを行き来する感性演技好評?

ラブレイン12話で、酒に酔ってハナを抱いたソジュンが胸の奥の愛を込めたまなざしで痛い息を吐き出した。
しかし、すぐに冷たく冷めた顔をしたまま、自分の心とは異なる毒舌で、ハナを傷つけながら押し出す微妙な目つきの変化は20代の男性俳優が表現したとは信じられない感情の深さで空間の流れを変えて置いてチャングンソクが表現できるメロー演技がどこまでなのかを想像できなくさせた。
このようにチャングンソクは、20年の演技力を積んだ独歩的な20代男俳優らしく複合的な感情を表現しなければならないソジュンというキャラクターをチャングンソクだけのオーラまで増して生き生きと消化し出して画面を掌握し、視聴者たちの没入を高めているという評価を受けた。
ラブレインの製作会社ユンスカラーの関係者は、“恋に陥った一人の男の幸せと悲しみ、それによる傷など、様々な感情を消化しなければならソジュンというキャラクターをチャングンソクがよく演じてくれている。”とし、“チャングンソクでなければ、想像できないソジュンだから残った話でのチャングンソクのメロ演技がより一層光を放つと期待される”と述べた。
KBS月火韓国ドラマ、ラブレイン13話は5月7日夜9時55分放送を予定している。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ