ラブレインあらすじ、ラブレイン5つのキーワードで読むラブレインあらすじとは?

ラブレインあらすじ、ラブレイン5つのキーワードで読むラブレインあらすじとは?

ラブレインあらすじ、ラブレイン5つのキーワードで先見るラブレインあらすじとは?

ユンソクホ表、名品メロドラマとして関心を集めているKBSの新しい月火韓国ドラマラブレインが26日夜初放送される予定だ。
70年代と2012年の青春の愛の物語と一緒にかすかな初恋を胸にしまっておいた、中年の切ないロマンスを通じて、時代と世代を超越する愛の物語でテレビ劇場をしっとりと濡らす名品メロドラマラブレインの知って見るとより面白いキーワードを公開する。
ラブレインあらすじ、5つのキーワードで初恋を描いてみよう。

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード1つ、セラヴィー

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード1つ、セラヴィー

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード1つ、セラヴィー

フランス語で、これが人生だという意味を持つセラヴィー。
ラブレインの中のセラヴィーは、有名な音楽喫茶店で、セラヴィーの人気DJドンウク(キムシフ)をはじめとするインハ(チャングンソク)とチャンモ(ソイングク)は、セラヴィーの3人衆と呼ばれて熱い青春を歌う韓国大学校の最高人気スターとして描かれる予定だ。
加えて、セラヴィー3人は最近、韓国に置いて、中高年層の熱い関心を受けたセシボンを連想させ、視聴者たちの関心をより一層集中させる。

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード2つ、3秒ファンタジー

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード2つ、3秒ファンタジー チャングンソク ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード2つ、3秒ファンタジー チャングンソク ユナ

3秒以内に恋に落ちるという、運命論的な愛観を表現する言葉でラブレインでは、70年代の大学校キャンパス美大前のベンチに座っている清純な姿のユニ(ユナ)を見て、3秒で私は恋に落ちたと独白するインハの姿を通じてインハ(チャングンソク)に訪れた運命のような初恋を予告している。
2012年背景では、3秒で誘うというニックネームを持っているインハの息子ソジュン(チャングンソク)が登場し、70年代インハの胸を震わせた3秒ファンタジーが2012年、現代ではどのように描かれるのか関心を集めている。

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード3つ、国旗下降式

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード3つ、国旗下降式 チャングンソク ユナ

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード3つ、国旗下降式 チャングンソク ユナ

韓国の70年代に存在していた国旗の降下式、午後5、6時に行われたもので行く道で足を止めて流れてくる愛国歌(韓国国歌)と供に国旗に対する敬礼をしていること。
ラブレインの中では初めて向き合うことになったインハとユニが国旗下降式でキャンパスに止まって立つ場面が描かれる予定で一目惚れしたユニに向けたインハの心を除き見ることができる場面が描かれる。

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード4つ、黄色い傘

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード4つ、黄色い傘

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード4つ、黄色い傘

ラブレインの中の黄色い傘はインハとユニの間では欠かせないアイテムだ。
雨が降る日、黄色い傘の中のインハとユニはお互いへのときめきと心騒ぎにいつよりも青々しい初恋の開始を描いてラブレイン1話の名場面を予告している。
加えて、2012年、中年のソインハ(チョンジニョン)とキムユニ(イミスク)が再会する場面でも登場する黄色い傘はインハとユニのおぼろげな愛を思わせるアイテムになるだろう。

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード5つ、映画ラブストーリー

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード5つ、映画ラブストーリー

ラブレインあらすじ、ラブレインキーワード5つ、映画ラブストーリー

切ない愛の物語で、多くの人々から愛された映画ラブストーリー。
ラブレインの中ではインハとユニが一緒に見ることを約束した初めての映画で描かれると同時に、インハとユニ、ドンウク三人の交錯した縁の開始として、決定的なキーワードになる予定だ。
このほか、ラブレインは70年代を感じることができるフォークダンス、ミニスカート取り締まり、バス案内嬢、DJブース、マッチ積みなど、アナログ時代の郷愁を感じさせる様々なキーワードで視聴者たちの郷愁を刺激して視線を集中させることが期待される。
70年代のアナログ時代の純粋な愛と、2012年には、デジタル世代のトレンディーな愛を盛り込んで出す、時代と世代を超越した愛の本質を描くラブレインは3月26日午後9時55分初放送される予定だ。
KBS新しい月火韓国ドラマ、ラブレイン1話は3月26日、夜9時55分に初放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ