ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、運命の出会い

ラブレインあらすじは大あらすじとラブレインあらすじよりは和訳に近い感じのラブレイン和訳と分けて掲載するつもりです。
ラブレイン大あらすじを読む方はこのまま続けて読んでください。
ラブレインあらすじ和訳にはチャングンソク、ユナ中心のあらすじに加えて、ラブレイン全般に渡って和訳の感じで掲載しますので、ラブレインあらすじ和訳を読む方は下記をクリックしてください。
ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレインあらすじ和訳へ
ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレインあらすじ和訳はどのくらいに分けるかは今の段階では知りませんが、少なくとも5-6回に渡って掲載すると思います。
日本で放送される韓国ドラマ、ラブレインはかなりカットされる部分も存在しますので、こちらのラブレインあらすじ和訳版は韓国放送分に合わせたものになります。
ここからは、ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会いです。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレイン、チャン·グンソク、ユナ、交錯した愛‘ユンソクホ表感性メロ’
ラブレイン、チャン·グンソク、ユナと運命的な出会い…3秒で愛に陥る
ラブレイン1話、定番の展開+映画のような映像美‘ユンソクホ表、愛の方法’
など、韓国ドラマ、ラブレインが終わるや否や、ラブレイン公式ホームページ掲示板には、ラブレインを見た視聴者の意見が掲載され、メディアもラブレインに関する記事でいっぱいになった。
ラブレイン初放送前から、かなりの関心を集めていた視聴者の意見は好評とつまらない、現時代にくらべてゆっくりと展開されるの流れが苦しい、映像がとてもきれいと掲載されていた。
ラブレインあらすじ、ラブレイン1話においては、運命的に出会ったインハ(チャングンソク)とユニ(ユナ)の美しい恋愛ではなく、すれ違う場面が描かれた。
好きだけど好きと言えなかった1970年代、70年代の大学生活をゆっくりと美しい映像で描かれた。
“一、二、三…3秒後に私は恋に落ちた。”

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ユン·ソクホ監督がチャングンソクとユナ、そして、キムシフとソンウンソの切ない4角ラブラインを美しく描き出して視聴者たちの視線を捕らえた。
3月26日午後放送されたKBS2新しい月火韓国ドラマ、ラブレイン(脚本:オスヨン、演出:ユンソクホ)1話では、キャンパスで偶然に会ったキムユニ(ユナ)に一目惚れしたソインハ(チャングンソク)の姿が描かれた。
ラブレインあらすじ、ラブレイン1話では、ソインハ(チャングンソク)の甘美なナレーションと一緒にラブレイン1話の開始を知らせた。
ユンソクホPD表、ラブレインは穏やかできれいだった。
3秒で一目ぼれして恋に陥るという運命的な愛という陳腐な素材がチャングンソク、ユナという綺麗な俳優たちとユンソクホPD式、クラシックな展開と美しい映像美が加わって一本の映画のような感性充満したドラマとして誕生した。
ラブレインあらすじ、ラブレイン1話では、ソインハ(チャングンソク)とキムユニ(ユナ)の運命的な初めての出会いから始まる。
時代は1970年代。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

韓国大学校キャンパスでソインハは絵を描く途中、椅子から立ち上がり、作業室の窓越しに見える、ベンチに座っているキムユンヒを見て・・・3秒で彼女に運命的な愛を感じた。
ラブレイン1話の中で、ソインハはベンチに座って本を読んでいるキムユニ(ユナ)を見て“3秒で恋に落ちた”と独白して何かに導かれるように彼女をスケッチし始めた。
“突然、心臓が狂ったように走り始めた”と言い、絵から目をベンチに移した瞬間、ユニが見えない。
いつの間にか消えたキムユニを探してソインハは慌て走って作業室から出て行き、そのせいでキムユニとぶつかってしまう。
初めてお互いに目をあうが、インハは何も言わないままそのまま帰るユニを掴むことができない。
しかし、直ぐに国旗下降式を知らせる音が鳴り響いて、インハとユニは足を止めて、流れてくる愛国歌(韓国歌)と国旗に対する敬礼をし、キャンパスに一緒に立ち止まった。
インハは一歩ずつ下がって、ユニと並んで立ってみるが・・・
すぐにまた二人は別れることになり、ソインハの“笑うかもしれないけど、その時、私は心と体を捧げて生まれたのは彼女を愛するためだと思っていた”と言う独白の声だけ聞こえた。
インハは帰ろうとしたが、手に持っていた鉛筆が無いことに気づき、鉛筆を探すが、その時、インハの目に留まったのは黄色いノートだった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話では、二人はインハが見つけたユニの黄色い日記帳のお陰で再び会うことになった。
インハはユニに黄色い日記帳を返すために、ユニを待っていたが、ユニの顔を見た瞬間、インハは日記帳を返すことができず、二人は再び別れることになった。
その後、インハは彼女の日記を何度も繰り返し読んでキムユニがもっと知りたくなった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

雨が降るある日、偶然、図書館で再会したインハとユニは、目を合わせてお互いの妙な感情を感じ、インハは傘を持ってないユニのために傘を手に入れ、彼女をバス停まで送っていた。
その後、インハは勇気を出してユニに彼女が好きな映画、ラブストーリーを見に行こうとデートの申し込みをし、そのようなインハが嫌ではなかったユニは、デートの申し込みを受け入れた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

しかし、彼女のために自分の気持ちをまだ表現する前にインハは難関にぶつかってしまった。
友達、イドンウク(キムシフ)が自分と同じようにキムユニを好きであることを知ってしまったからだ。
ラブレインあらすじ、ラブレイン1話で、ドンウクは、好感を感じたユニに積極的に近付いて、彼の感情表現し、この事実を知ったインハはユニに対する気持ちを隠すしかなかった。
また、インハに特別な感情を持っていたベクヘジョン(ソンウンソ)は、ユニにインハが好きだと告白して二人の間に線を引いて置いた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

結局、インハはユニにドンウクとうまくいったらいいと心にもない話をして別れた。
1970年代の20代前半の初々しい大学生たちの愛は、2000年代を生きている今の愛の方式とは異なる形で表現された。
二人の愛はすでに、最初の出会いから決まっているようにみえたが、ゆっくりと慎重に展開された。
初回放送されたラブレイン1話は、ユンソクホ監督の特有の感性がよくにじみ出た。
また、雨と傘などの装置と供に、二人の出会いは一幅の水彩画のような美しい画面に収められてより一層視線を集めた。

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

ラブレインあらすじ、ラブレイン1話、ラブレイン1話あらすじ、チャングンソク、ユナ、運命の出会い

特に、70年代のキャンパスの様子や国旗下降式、ミニスカート取り締まり、当時流行した映画や音楽が細かく描かれて郷愁を刺激した。
また、ラブレインの中で、ドンウクがDJとして働いている音楽喫茶店、セラヴィーを背景に、その頃の大学生たちの思い出を楽しく描いて目を引いた。
だけでなく、ユニとインハの初めての出会い、ドンウクとユンヒの初めての出会いを独特の繊細な演出と美しい映像で表現して感性を刺激し、結ばれない初恋に対する切なさを加えた。
一方、放送の最後にはチャンモがインハが描いたユニの絵を発見する姿が描かれて好奇心を刺激した。
韓国ドラマ、ラブレインは毎週月・火曜日に放送され、ラブレイン2話は3月27日夜9時55分に放送される予定だ。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ