ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像?ラブレインの3Rはユナの涙で視聴率の逆転を狙う?

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像?ラブレインの3Rはユナの涙で視聴率の逆転を狙う

韓国ドラマ、ラブレインの3Rはユナの涙で視聴率の逆転を狙う

ユナのチャングンソクに向けた切ない涙が視聴率の逆転を狙っている。
KBS 2TV月火韓国ドラマ、ラブレイン(脚本:オスヨン、演出:ユンソクホ)がジュン(チャングンソク)とハナ(ユナ)の別れの告げで3ラウンドに突入した。
ラブレインは70年代のインハとユニの青春ラブストーリーを描いた1ラウンドと2012年新世代のジュンとハナの愛の方法で2ラウンドに分けられる。
ラブレインの2ラウンドは、親と子供の個々の愛が連携されて視聴者たちの胸を縮めた。
ラブレインの3ラウンドは、親たちの過去を知った子どもたちが交錯した愛で視聴者を切なくさせている。
特に、今回のラブレインの3ラウンドは、ジュンに劣らないハナの痛みが予想される。
ハナの痛みが視聴率反騰までもたらすことができるのか期待を集めている。
5月7日午後放送される韓国ドラマ、ラブレイン13話では、ハナがジュンとインハ(チョンジニョン)の関係を知ることになる。
ハナはジュンが自分に冷たく接するしかなかった状況も把握することになる。
4月30日と5月1日の放送、ラブレイン11話とラブレイン12話で、ハナは自分を避けるのジュンの心を知らなかった。
ジュンはハナを離したくなかったが、事実を知ったハナが苦しむことを思い、ハナに近づけないまま苦しんだ。
ハナは、急なジュンのジュンの別れの告げを受け入れることができず、涙を流して愛に心を痛めていた。
悲痛な別れにハナは涙を流すだけではなかった。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像?ラブレインの3R.はユナの涙で視聴率の逆転を狙う

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像?ラブレインの3R.はユナの涙で視聴率の逆転を狙う

ジュンの深いハナへの思いを知らないハナは、ジュンに水洗礼、怒りの刺激など様々な方法を動員して離れていく恋人の心を取り戻そうと頑張る姿を見せた。
5月7日放送、ラブレイン13話では、ハナの言葉に言えない苦しい心がさらに深まるものと期待を集めていいる。
去ろうとするジュンを離したくないハナは、ハナの母、ユニ(イミスク)とインハの関係まで知ることになり、胸焼けはさらに深まる予定だ。
ハナとジュンの関係に決定的な鍵はジュンが持っている。
ジュンが決心を変えない限り、二人の愛は結ばれない。
しかし、ジュンとのメロをもっと切なくて感性に染み入るようにするのは、まさにハナだ。
ハナがインハとユニの関係を知った後にも、果たして自分の愛をあきらめるか、お母さんの愛を支えになるかもラブレイン13話の観戦ポイントだ。

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像?ラブレインの3R.はユナの涙で視聴率の逆転を狙う

ラブレインあらすじ、ラブレイン13話ネタバレ画像?ラブレインの3R.はユナの涙で視聴率の逆転を狙う

母の初恋の秘密を知ることになった後、寄り添ってくる傷がジュンとハナのロマンスにどのような影響を与えるのか関心が高い。
ラブレインは、去る3月26日初放送以後、同時間帯放送されるMBC韓国ドラマ、光と影、SBS韓国ドラマ、ファッション王に押されて月火テレビ劇場視聴率は最下位を記録している。
チャングンソクとユナの青春ラブストーリーとチョンジニョンとイミスクの中年ロマンスに感性を刺激しているがラブレインの視聴率はなかなか動かない。
ラブレインが世代を包む感性のドラマであるだけに、ユナの再三の涙が視聴者たちを動かすことができるか期待を集めている。
ユナの演技が以前より一層アップグレードされた中で、親の世代のために右往左往する愛をどのように守ることができるか帰趨が注目される。
チャングンソク主演ドラマで高い関心を集めている韓国ドラマ、ラブレインは毎週月・火曜日に放送されている。
KBS月火韓国ドラマ、ラブレイン13話は5月7日夜9時55分に放送される予定である。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ